全181ページ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!
最近の記事
2018.04.21  
大風川渓谷のハナネコノメ

2018.04.21     カテゴリー :   山野草

大風川渓谷のハナネコノメ

福島県古殿町 大風川渓谷のハナネコノメ


福島県古殿町の大風川渓谷にハナネコノメを見に行ってきました。
の渓谷で最も可愛らしいの一つです(^^♪。
ハナネコノメ(猫目/ユキノシタ科ネコノメソウ属)は本州の京都~福島に分布し
福島県では主に浜通り地域の湿り気のある渓流沿いなどに自生します。
は5mmほど、草丈は5cmくらいで地を這うように増えていきます。
名前の由来は仲間のネコノメソウの結実した種の鞘が猫の目に似るところによります。


IMG_5326.jpg

IMG_5457.jpg


白いハナビラに見えるのは蕚片で、マッチのような真紅のシベ(葯)は全てオシベです。
しかしシベが紅いのは開後4,5日ですぐ中から黄色い粉が噴出し
これも受粉すると取れてしまうので、
その後はやや地味なに見えてきます(^^);。


IMG_5365.jpg

IMG_5374.jpg


↓ 開花後に受粉し1週間くらいすると
赤いシベ(葯)は全てとれてしまい白から黄緑色の地味な花になってしまいます。
赤いシベの状態を知らなければ、これはこれで清楚でいいかも。


IMG_6419.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!
スポンサーサイト

2018.04.20     カテゴリー :   花見山

福島の桃源郷・花見山 ⑦

福島県福島市  福島の桃源郷・花見山


6回にわたって紹介してきた花見山シリーズも今回がいよいよ最終回です。
康善寺展望台コース~薬師堂~三連峰の丘を中心にご覧ください。


8_201804200424393a6.jpg

9_20180420042448ac4.jpg

10_20180420042447891.jpg

11_20180420042446622.jpg


康善寺薬師堂コースの終点を谷間に下っていくと
スタート地点の物産広場や臨時駐車場に出ることができます。


12_20180420042443c07.jpg

13_20180420042455c6f.jpg

14_20180420042456ae6.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.19     カテゴリー :   花見山

福島の桃源郷・花見山 ⑥

福島県福島市  福島の桃源郷・花見山


一般的な花見山の周遊地図には“花見山公園コース”や
の谷”コースがお薦め見学コースになっていますが、
花見山公園からの谷を挟んだ対岸の山にも周遊コースがあり
通称『康善寺コース』と呼ばれています。
この『康善寺コース』は花見山公園全体を遠望できるのが特徴です。


1_20180419040928fb0.jpg

2_20180419040925af5.jpg

3_20180419040940bab.jpg


このコースは震災後から序々に遊歩道の整備が進み
以前とは見ちがえるほど美しくなりました。
時間と体力に余力のある方は“花見山公園”と合わせて観賞されてはいかがでしょうか?
もちろん、こちらも無料で見学できます(^^ゞ。


4_20180419040933110.jpg

5_20180419040940401.jpg

6_20180419040943b78.jpg

7_20180419040943050.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.18     カテゴリー :   花見山

福島の桃源郷・花見山 ⑤

福島県福島市  福島の桃源郷・


を周回見学する場合は阿部さんの公園を中心に見学しますが
他にも『の谷コース』や『康善寺展望台コース』などもあるので
時間や体力のある方はぜひ全コースを周回してみて下さい。
今回はの谷からの眺めをご覧ください。


1_20180418035053c93.jpg

2_2018041803510188f.jpg

3_20180418035111751.jpg


の谷コースは花見より高い場所にあるので
花見と残雪の吾妻連峰のコラボレーションが展望できるのが魅力なのですが
この日は残念ながら霞が酷く晴れているのにまるで花曇状態でした。
霞がなければ下記の写真のような吾妻連峰が望めます。


4_20180418035113893.jpg

5_20180418035114d30.jpg

6_201804180351119e2.jpg


↓ 福島の桃源郷・花見と吾妻連峰(2016、4/5)

2016年は花見山と吾妻連峰の素晴らしいコラボレーションが展望できました。
この時期の暖かい日は乾燥して霞が立ちやすいので
すっきりした眺望は貴重です。


7_2018041803511457e.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.17     カテゴリー :   花見山

福島の桃源郷・花見山 ④

福島県福島市  福島の桃源郷・見山 ④


見山の木が殆どですがカタクリの群生が見られるポイントもあります。
一般の遊歩道から少し離れているので気付かない人が多いようです。


IMG_1496.jpg

IMG_1502.jpg


カタクリ(片栗/ユリ科カタクリ属)はご存知のように片栗粉の語源ですが、
そのカタクリの名の由来は葉の模様が鹿の子に似ているので「片葉鹿の子」。
これが「カタカゴ」になり、さらに転化して「カタクリ」になったとか
カタクリの種が栗のイガの中にある1つ1つの実に似ている事から
「片栗」と呼ばるようになったという説もあります。


IMG_1524_2018041703551966c.jpg

IMG_1533_201804170355266ea.jpg


カタクリはの妖精(スプリング・エフェメラル)と呼ばれます。
Spring ephemeralは、落葉広葉樹林などで先にを咲かせ、
夏まで葉をつけたあとは地上部は枯れ地下で過ごす草の総称です。
カタクリが有名ですがキクザキイチゲやアズマイチゲなども
スプリング・エフェメラルです。


IMG_1526.jpg

IMG_1563.jpg


↓ オクウスギタンポポ(奥薄黄蒲公英/キク科タンポポ属)も見られました。
ただのタンポポじゃないと思うかもしれませんが
福島や宮城など東北南部だけに自生する固有種のタンポポです。
関東以西に自生するシロバナナタンポポと東北以北に多い
エゾタンポポの中間的な花色です。


IMG_2010.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.16     カテゴリー :   花見山

福島の桃源郷・花見山 ③

福島県福島市  福島の桃源郷・花見山


花見山は本来は出荷用の木・卉なので
ご覧のハナモモの木のように枝が不恰好なくらいに
剪定されています。
公園ならけしてこのような剪定はしません。
つまり観光客が見ている々は出荷されなかった
残りのかもしくは休養させている木の花ということです。


0_201804160420009ee.jpg

1_201804160420052cc.jpg

2_20180416042018813.jpg

3_20180416042020cdf.jpg

5_20180416042015fe6.jpg

6_20180416042020594.jpg

7_20180416042015fe9.jpg

8_20180416042016ea2.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.15     カテゴリー :   花見山

福島の桃源郷・花見山 ②

福島県福島市  福島の桃源郷・見山 ②


見山公園』は厳密には木農家の阿部さんが公開している
安部さん個人の木栽培の山を指しますが
実際はその見山公園を含め周囲の木山や花木畑をひっくるめて
『花見山』or『花見山公園』と呼んでいます。


1_20180415040032782.jpg

2_20180415040042ec2.jpg

3_20180415040038ca8.jpg

4_20180415040041aa0.jpg


花見山公園(=阿部さんの山)をルートに従って中腹に登ってくると
花木の間から通称ハクモクレンの丘が見えてきます。このハクモクレンが咲くと花見山の花見頃と言われます。
白花ですが、どこからでも目立つので
花見山のシンボリックツリーの一つです。


5_2018041504004037e.jpg

6_20180415040045f69.jpg

7_20180415040046604.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.14     カテゴリー :   花見山

福島の桃源郷・花見山 ①

福島県福島市  福島の桃源郷・花見山


4/3(火)、2年ぶりに福島の桃源郷こと花見山に行ってきました。
花見山は、写真家の秋山庄太郎氏(故人)が「福島に桃源郷あり」と讃え
毎年訪れたの楽園です。
サクラ、レンギョウ、ハナモモ、モクレン、ボケ、サンシュ等、
になると20種以上の木が競い合うように一斉に咲きだし
繚乱まさに桃源郷のような素晴らしい風景が楽しめます。


IMG_1273.jpg

IMG_1276.jpg

IMG_1250.jpg

IMG_1255.jpg


今年の桜(シメイヨシノ)は例年より1週間以上早く開花したので
少し焦りましたが期待を裏切らない素晴らしい桃源郷を見せてくれました。
ただ、天気が良すぎて霞状態、すかっとした青空との競演が叶わなかったのが
残念でした。


IMG_1270.jpg

IMG_1278.jpg

IMG_1287.jpg

IMG_1290.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.13     カテゴリー :   

水仙の丘 2018

福島県矢吹町 水仙の丘 2018


それにしてもこの一面の水仙って観光地でも無いのに何のため?
農地?
菜のの丘の頃から一面の菜のは何の為に栽培しているのか疑問でした。
野菜としの菜の割には雑な栽培だし、菜種油を採るためだとしても
一株一株がやや貧弱だし・・・・
そんな疑問を持っているとき、養蜂箱を発見!
でも、養蜂箱といっても5,6箱ほど。
う~ん、本当に養蜂のための菜の畑なんだろうか?


1_20180413043338115.jpg

2_2018041304334170f.jpg


3年くらい前、菜の畑のそばの農家で
『はちみつ』直売の看板を発見。
おそらくかなり高い確率で養蜂用の菜の畑だろうと思いました。
畑の持ち主に出会う機会があれば聞いてみたいのですが
もう10年近く通っていますが一度も会えていません。


3_20180413043344e6e.jpg

4_20180413043333bbb.jpg


でも今年は菜の花はほとんどなく
疎らではありますが全て水仙です。
そもそも水仙の蜂蜜なんて聞いたことがないし
水仙の蜂蜜って美味しいのかな?
それより、水仙って球根や葉は毒があるけど
蜜は大丈夫なんだろうか?


5_201804130433410b8.jpg


↓ 2014年の水仙の丘

ここは何処?
2014年はまるで北海道の美瑛の丘のようで圧巻でした。
美瑛の丘でも全面が水仙畑というのは見られないのでは?
水仙が美しいのは言うまでもありませんが
この美しい曲線を描く丘そのものが美瑛っぽく素晴らしいんです。
農家がすべて管理するのは大変でしょうから
いっそ町と協力して観光花畑にすればいいのにと思うのは
私だけ?


6_2018041304334355a.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.12     カテゴリー :   

水仙の丘 2018

福島県矢吹町  水仙の丘 2018


今年も隣り町の“水仙の丘”に水仙を見に行ってきました。
昨年より1週間早い満開です。(撮影は3/30』
この“水仙の丘”は当町と隣り町の境界にあり
5年前までは“菜のの丘”として紹介していたのですが
4年前、突如“水仙の丘”に大変身。
北海道の美瑛の丘にも勝るとも劣らない見事な黄色い水仙の絨毯になりました。


0_20180412041252993.jpg


↑ 水仙の丘 2018


5_2018041204125608c.jpg


↑ 2014年の水仙の丘

でも見事な“水仙の丘”だったのは2014年だけ、球根の出荷が終えたのちは
またいつもの“菜のの丘”に戻ってしまいました(^_^;)。
菜のだって十分美しいのですが水仙があまりに見事だったので
少し見劣りするのは否めません。


↓ 水仙の丘 2018

1_20180412041248b58.jpg

2_20180412041254c1c.jpg


もう水仙は見れらないものだと思っていたら
なんと翌年も菜のに混じって水仙も咲いているではありませんか。
おそらく出荷の際に採り残された球根がかなりあったのでしょう。
2014年のような豪華さはありませんが
その後も毎年美しい水仙と菜のの美しいの絨毯を楽しませてくれています。


3_201804120412543c6.jpg

4_20180412041253971.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!



2018.04.11     カテゴリー :   山野草

春の白き妖精“菊咲一華”

福島県鏡石町  の白き妖精“菊咲一華”


一般的にの写真を撮る場合はオシベ&メシベの見える正面から撮影すると思いますが
私は透明感ある(ハナビラ)なら真横や真後ろから光が透けて見えるように撮るのがお気に入りです。
そうすると、そののもつ優しさや繊細さがより際立って伝わるような気がします。


4_20180411040849e8e.jpg

7_2018041104085315e.jpg

ハナビラ?
はい、山野草好きの人なら常識かもしれませんが
このハナビラに見えるのは実はガク(萼)なんですよ。
ハナビラが無くハナビラに見えるのがガクなのは多くのキンポウゲ科のの特徴なんです。
そう言われればこれがハナビラだとしたらガクがありませんよね。
学術的なことは専門家に任せるとしてハナビラとガクの区別がおおよそつけば
を見る目もより興味深くなってきますね。


5_201804110409007fd.jpg

8_2018041104090053e.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.10     カテゴリー :   山野草

春の白き妖精“菊咲一華”

福島県鏡石町  の白き妖精“菊咲一華”


町郊外の雑木林で人知れずの妖精“菊咲一華”(キクザキイチゲ/キンポウゲ科イチリンソウ属)が見頃になりました。
スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)は、落葉広葉樹林などで先にを咲かせ、
夏まで葉をつけたあとは地上部は枯れ地下で過ごす草の総称です。
Spring ephemeralは「の儚いもの」「の短い命」というような意味で、「の妖精」とも呼ばれています。


1_2018041004401021f.jpg

2_2018041004401956b.jpg


キクザキイチゲは自然豊かな山あいに行けば、そう珍しい山野草ではありませんが
この自生地は町のすぐ郊外の雑木林で、そばには道路も走っています。
けして環境が良いとは言えませんが、道路端が適度な藪になっていて
気付く人はまずいません。
ここはキクザキイチゲの他にもニリンソウやヒナスミレ、シデシャジン、ソバナ等々
街近くの雑木林とは思えない貴重な山野草が自生する当町最後の秘密の園なんです。


3_20180410044015d12.jpg

4_20180410044019a84.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.09     カテゴリー :   山野草

逢瀬公園のキクザキイチゲ他

福島県郡山市 逢瀬公園のキクザキイチゲ他


19_20180409042708222.jpg

20_2018040904270984f.jpg


↑ キクザキイチゲ(菊咲一華/キンポウゲ科イチリンソウ属)

雑木林の斜面ではキクザキイチゲも咲いていました。
薄暗い森の中で木漏れ日が射すとがスポットライトで
照らされたようで引き立ちキレイです。


17_20180409042714740.jpg


↑ キブシ(木五倍子/キブシ科キブシ属)

逢瀬公園の雑木林ではキブシも盛りでした。
キブシは北海道~九州の山地でごく普通に見られますが日本の固有種です。
の少ない早たわわに咲くは良く目立ち、
雌雄異株で雌の方がやや緑がかっているようですがはほぼ同じなので
遠目ではよう分かりません。


18_20180409042711e84.jpg


↑ マンサク(満作/マンサク科マンサク属)

やや終盤でしたがマンサクもまだ咲いていました。
マンサク(満作)は他の花に先駆けて咲くので. “まず咲く花”という事でだんだんと “まんさく”になったそうです。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.04.08     カテゴリー :   山野草

逢瀬公園のミスミソウ

福島県郡山市 逢瀬公園のミスミソウ


木漏れ日射す雑木林で咲く白いミスミソウは全然目立ちません。
通り過ぎてゆく人は私が雑木林にしゃがみこんで
落ち葉を撮影しているようにしか見えないようで
あのおっちゃん何撮影してんだろうという顔つきで
通り過ぎていきます(^^ゞ。


9_20180408041031d3b.jpg

10_201804080410411dc.jpg


↓ ミスソウ&カタクリ

逢瀬公園にはカタクリが群生している場所もありますが
なぜかそこにはミスミソウは自生していません。
別の場所でようやくコラボレーションが見られました。


11_2018040804103578a.jpg

12_20180408041039973.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!



2018.04.07     カテゴリー :   山野草

逢瀬公園のミスミソウ

福島県郡山市 逢瀬公園のミスミソウ


この日は素晴らしい晴天で暖かい日だったので
公園にはたくさんの人が訪れていました。
水芭蕉は目立つので撮影している人は多くいましたが
ユキワリソウを撮影しているのは私だけ。
晴天の日の雑木林は木漏れ日が指し
白いユキワリソウは全然目立たないので
ほとんどの人が気付かず通りすぎていきます。


5_20180407041514070.jpg

8_20180407041522f84.jpg

6_201804070415185bf.jpg


↓ 稀に薄いピンク色は自生していますが
詳細に探せば極、極、稀に写真のような濃いピンクもあります。


7_20180407041522983.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR