全160ページ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!
最近の記事
2017.05.29  
走野老

2017.05.29     カテゴリー :   山野草

走野老

福島県天栄村   ハシリドコロ(走野老/ナス科ハシリドコロ)


立矢川渓流沿ではハシリドコロの群生がようやく咲き始めたばかりでした。
例年より1週間ほど遅れています。
ハシリドコロ(走野老/ナス科ハシリドコロ)は本州?九州の山あいの渓流沿いなどに自生し
朝鮮アサガオと同じようなアルカロイド系の有毒植物です。
誤食すると走りまわって苦しむことが、名前の由来だそうです。


IMG_9099.jpg

IMG_9106.jpg


漢字の“走野老”を見てどこかで見たような・・・
と、感じた人は時事に鋭いですね。
そう、東京オリンピックの新エンブレムのデザイナーが『野老』(ところ)さんでした。
その語源はヤマノイモ科の蔓性植物で、根茎にひげ根が多く、
これを老人の髭に例えて野老(やろう)とよび、正月の飾りに用い長寿を祝ったり、
根茎をあく抜きして食用にすることもあるそな。
でもなぜ(ところ)と読むようになったかは不明です。
それにハシロドコロとヤマイモ科のトコロは全く似ていないのに
走りトコロとは謎です。


IMG_9127.jpg


野老(ところ)は、古くは「土古呂」、「都古侶」と書き「所領(ところ)」の意味があり、
「所領(ところ)」すなわち領地(りょうち)の安堵を願って野老(ところ)を正月に飾ったそですが
やはり野郎と書いて(ところ)と読むようになったのかは不明です。


IMG_9142.jpg


↓ 立矢川渓流沿ではハシリドコロはちこちに群生していますが
まだ全体的には3分咲き程度でした。
例年より開花が遅れているせいか葉っぱがまだ開いていないうちから
蕾も今にも開きそうです。
午後には葉と花が同時期にパッと開きそうです。


IMG_9178.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

スポンサーサイト

2017.05.29     カテゴリー :   山野草

青花菊咲一華

福島県天栄村   アオバナキクザキイチゲ(青花菊咲一華/キンポウゲ科イチリンソウ属)


立矢川渓流ではアオバナキクザキイチゲ(青花菊咲一華)も見頃を迎えていました。
青花キクザキイチゲは白いキクザキイチゲの変種とされ雪深い日本海側で多く見られます。
福島県でも会津地方では多く見られますが中通りでは稀です。
立矢川渓流は行政上は中通にある天栄村ですが、
地理学的には分水嶺を越えた日本海水系なので青花が多く自生します。

雪深いだけが理由なら青花ばかりになるはずですが
青花も白花も混在するのでなぜ色の違いが生まれるのか
真相はまだ解明されていないようです。


IMG_9022.jpg

IMG_8880.jpg

IMG_9002.jpg

IMG_9033.jpg

IMG_9186.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!



2017.05.28     カテゴリー :   山野草

乙女延胡索

福島県天栄村  オトメエンゴサク(乙女延胡索/ケシ科キケマン属)


隣り村(天栄村)の羽鳥湖高原の北部に位置する
立矢川渓流に滝や山野草を見に行ってきました。

立矢川渓流沿いではオトメエンゴサク(乙女延胡索/ケシ科キケマン属)がちょうど見頃でした。
オトメエンゴサクは以前は本州に自生するエゾエンゴサクに分類されていたこともあるそうですが、
現在は本州日本海側の多雪地帯に分布する日本固有種とされます。


1_20170528045327a65.jpg

2_2017052804533080d.jpg



3_201705280453328fe.jpg

4_2017052804533310a.jpg


本州~九州に分布するヤマエンゴサクが花序の付け根にある托葉の葉縁の切れ込み(ギザギザ)が
明瞭なのに対しオトメエンゴサクの托葉には切れ込みが無いので
本州のエゾエンゴサクの仲間とされたようですが、エゾエンゴサクと比べると
オトメエンゴサクの草丈も花も小さく花色も北海道のエゾエンゴサクに比べると
全体的に薄い色合いです。
東北地方にもエゾエンゴサクが自生するようですが、オトメエンゴサクと混同されている場合も
多いようです。
いづれにせよ素人(私)の見極めは参考程度にご覧ください(^^);。

オトメエンゴサクは托葉の葉縁に切れ込みがありませんが
小葉にはざっくりした切れ込みがあります。
草丈は全般に小型で花数は少なめ、花色は白、青紫、水色、赤紫、空色と多様です。







   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.05.27     カテゴリー :   山野草

谷桔梗

福島県矢吹町  タニギキョウ(谷桔梗/キキョウ科タニギキョウ属)


隣り町の川沿いの土手でタニギキョウ(谷桔梗/キキョウ科タニギキョウ属)が
今年も見頃を迎えました。
タニギキョウは全国のやや湿った林下や谷間に自生し
細い地下茎が枝分かれし、その先端は立ち上がって茎となり
草丈は5cmほど、花の大きさはわずか8mmの
日本で草丈も含めて最も小さな小さなキキョウです。
(花の大きさならヒナキキョウも最小部類)


1_201705270455112b6.jpg

2_201705270455196cf.jpg

3_2017052704551837a.jpg

5_20170527045520e98.jpg


タニギキョウは普通やや薄暗い湿った林床によく自生していますが
この土手は昼前から燦燦と太陽が射し、好条件とは思えないのですが
おそらく地下の水分が豊かなのでしょう、見事に群生しています。
花色はぱっと見は純白に見えますが、ようく見ると花弁にわずかに薄紫の筋がはいります。
一つ一つは小さく控えめな花ですが群生すると見栄えがしてとても美しいです。


4_2017052704552061f.jpg

6_2017052704551971c.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!


2017.05.26     カテゴリー :   山野草

大山衾(姫誰袖草)

 福島県鏡石町   オオヤマフスマ(大山衾/ナデシコ科オオヤマフスマ属)


田んぼ脇の土手でオオヤマフスマ(大山衾/ナデシコ科オオヤマフスマ属)が花盛りになりました。
オオヤマフスマは日本各地の主に山地の林縁などで見られますが、
ここでは何故かは田んぼ脇の土手に群生しています。
花の大きさは8mmほど、草丈は20cm、茎の太さはは1mmもなく
今にも折れそうですがお互いに寄り添い立っています。
華奢とはいえ“柳に雪折れなし”と同じであんがい丈夫です。
フスマとは昔の寝具のことだそうですがこの花のどこが寝具なのでしょうね?。
別名はヒメタガソデソウ(姫誰袖草)。なんかこっちの方が情緒があり素敵なかも(^^♪。


1_20170526043458bd9.jpg

2_20170526043506fd0.jpg

3_20170526043502b42.jpg

4_20170526043507c54.jpg

5_20170526043509519.jpg



  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.05.25     カテゴリー :   風景

大天狗伝説山麓の芝桜

 福島県天栄村  大天狗伝説麓の芝桜


隣り村(天栄村)の国道294号沿いの田んぼ道で芝桜が盛りでした。(撮影は5/2)

芝桜の向こうに聳える富士型のは妙見(532m)。
この写真には写っていませんが、妙見の右手に国道294号を挟んで、
相似形の明神(548m)があります(写真2番目)。

この位置からだとあまり相似形には見えませんが
2つの山の間の国道294号を走っていると
お椀型の山が並んでいるように見えます。


1_201705250307394d1.jpg

2_20170525030749aae.jpg

3_20170525030745e72.jpg


このお椀をふせて2つ並んだ山には古くからの民話(伝説)があります。

以下、天栄村観光協会HPより

『昔、松本は貧しい山峡の村落であった。それと言うのも土地がやせ、何を作ってもろくに稔らず、
収穫は年々減る一方で、よその土地の半分にも満たず、そこでこの土地に見切りをつけ、
よそに移り住む者さえ続出するようになってきた。困り果てた里人達は思案のすえ、
男神山に祈願をすることに一決。
山峡にそそり立つ、男神山を仰いでは、来る日も来る日も祈願をつづけていた。』

『月日が経ってある日突然、一天にわかにかきくもり、墨を流したような、恐ろしい空模様となった。
底冷えのする風が吹いたかと思うと、どこからか、大きな天狗が男神山にあらわれ、
対山の女神山にまたがり、体をふるわし、いきなり脱糞をはじめた。
里人たちは唖然となり、ただ天狗のしぐさを、あれよあれよと見守るばかりであった。
天狗はいずこともなく煙のように消えて行き、それはほんの一瞬の出来事でもあった。
以来、松本の田畑は豊かな農地と大きく変わり、
したがつて収益も倍増し、他に見られぬ豊かな里になったという。 』


4_20170525030750da9.jpg

5_20170525030751a8b.jpg


  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!



2017.05.24     カテゴリー :   山野草

崑崙草

福島県棚倉町   コンロンソウ(崑崙草/アブラナ科タネツケバナ属)


ヤマブキソウのそばではコンロンソウ(崑崙草/アブラナ科タネツケバナ属)も花盛りでした。
崑崙草だなんて中国的な名前ですが日本各地の山あいのやや湿った場所に自生します。
草丈は40?50cm、菜の花を白くした感じですが葉っぱは全然似ていません。
群生すると真っ白く見えるので中国の崑崙山に積もる雪をイメ?ジして名づけられたそうです。
でも、日本原産の花なのになぜ中国の山、それも崑崙なんでしょう?
雪山なら日本の大雪山でも磐梯山でもいいような気がしますが・・・・(^^ゞ。
背後の黄色い花はヤマブキソウ、蝶はスジグロシロチョウです。


1_2017052404113827f.jpg

2_20170524041141cd1.jpg

3_201705240411428fb.jpg

4_2017052404114410a.jpg

5_20170524041529f9b.jpg

   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!


2017.05.22     カテゴリー :   山野草

山吹草

福島県棚倉町  ヤマブキソウ(山吹草/ケシ科クサノオウ属)


久慈川源流域でヤマブキソウが見頃になりました。   
ヤマブキソウ(山吹草)は名前こそヤマブキと付きますが
落葉低木バラ科のヤマブキとは全く別物です。
花はそっくりですがヤマブキは5弁花ですが(写真一番下)
ヤマブキソウはケシ科クサノオウ属の宿根草で4弁花。
草丈20~30cm、花径は4cmほどとヤマブキの2倍もあります。
遠目で花は似ていても近づいてみれば低木と草なので間違うとはないと思います。

ヤマブキソウは本州、四国、九州に分布し、
山地のやや湿った林床や林縁に自生する多年草で
葉の形状によりヤマブキソウ、ホソバヤマブキソウ、セリバヤマブキソウがあります。

1_2017052222044255d.jpg

2_20170522220444b70.jpg

3_2017052222044898a.jpg

4_20170522220449af3.jpg

5_201705222204488a3.jpg


   

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!


2017.05.22     カテゴリー :   山野草

瑠璃草

福島県鏡石町   ルリソウ(瑠璃草/ムラサキ科ルリソウ属)


今年も町内の里山でルリソウが花盛りです。
ルリソウ(瑠璃草/ムラサキ科ルリソウ属)は中部以北~北海道の明るい山林に自生し
東京、埼玉では絶滅、長野、群馬、千葉、神奈川では絶滅危惧Ⅰ類に指定され
福島県でもあまり見ることない貴重な山野草です。
8年前、町内の里山で偶然群生地を発見し、毎年開花を楽しみにしています。
咲き始めの花色はピンクや赤紫ですが時間の経過とともにだんだん青くなっていきます。
園芸種のワスレナグサの近縁種ですがワスレナグサの花は6mm~8mmほど
ルリソウは10mm~12mmとやや大振りです。


1_201705220437463d4.jpg

2_20170522043750a42.jpg

ルリソウの極近い仲間に福島県以西に分布するヤマルリソウ(山瑠璃草)があります。
ヤマルリソウは草丈は5cmくらいでずんぐりし根生葉が大きいのですが
ルリソウは根生葉から20~30cmほど茎が立ち,途中の葉の方が大きくなります。
花茎が上部で大きく枝分かれするのもヤマルリソウとの違いです。

3_20170522043755a75.jpg

4_201705220437559fa.jpg

ルリソウは多年草なので基本的には花後も同じ株が来年も花を咲かせますが
樹木のように何十年も花を咲かせるのではなく
数年で枯れ、種がこぼれて世代交代します。

5_201705220437556d9.jpg

6_201705220437564b0.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

   



2017.05.21     カテゴリー :   山野草

一輪草

福島県玉川村  イチリンソウ(一輪草/キンポウゲ科イチリンソウ属)


今年も隣り村の川沿いの土手でイチリンソウ(一輪草/キンポウゲ科イチリンソウ属)が見頃になりました。
同じ仲間のニリンソウ(二輪草/キンポウゲ科イチリンソウ属)は里山~山奥までけっこう多く自生しますが
イチリンソウは分布地が宮城県以南ということもあり
福島県でも絶対数が少ないとみえて私が見つけた自生地はこの一ヶ所のみです。

花そのものはイチリンソウもニリンソウもそっくりですが
名前のように基本的にイチリンソウは1株から一輪、ニリンソウは二輪咲きます。
花の外見は似ていても圧倒的に違うのは花の大きさです。
ニリンソウの花径が約2cmほどなのに対し、イチリンソウは4cm近くもあります。
またオシベの色はニリンソウは少し黄ばんだ白でイチリンソウは黄色なので良く目立ちます。


1_2017052104464140e.jpg

2_201705210446464e3.jpg

4_201705210446495cd.jpg

5_20170521044649abc.jpg

↓ 今年はイチリンソウのそばでイカリソウも2株ほど咲いていました。
自生していたのは知っていましたが下刈りに遭うせいか
この時期イチリンソウと一緒に咲いているのを見るのは初めてです。

3_20170521044649940.jpg




   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!



2017.05.20     カテゴリー :   山野草

筆竜胆

福島県鏡石町  フデリンドウ(筆竜胆/リンドウ科リンドウ属)


近くの里山でフデリンドウ(筆竜胆/リンドウ科リンドウ属)が花盛りです。
リンドウと言うと秋のイメージですがフデリンドウの他にも
ハルリンドウやタテヤマリンドウ、コケリンドウなど
に咲くリンドウもけっこうあります。
でもなぜかに咲くリンドウはみな小型で草丈は4cm~10cm程度です。

フデリンドウは越年草(2年草)なので、花後こぼれた種が秋に発芽し冬を越し
翌年のに開花します。
花が終わればその株は枯れてしまうので、持ち帰って植えても花は咲きません。
フデリンドウの名前の由来は蕾が筆に似るところによりますが
リンドウの蕾はみな筆のような形なんだけどな・・・・・(^^); 


1_20170520042542908.jpg

2_20170520042543f0a.jpg

3_20170520042543d04.jpg

4_2017052004254901d.jpg


に咲くリンドウの中で分布域が広いのがフデリンドウです。
北海道~九州まで広く分布し、里山や林のやや乾いた明るい草地に自生し
草丈は5~7cm、根生葉がなく
1本の茎の先で枝分かれし花が咲きます(写真A)

フデリンドウをハルリンドウと混同しがちですが
ハルリンドウ(竜胆/リンドウ科リンドウ属)は本州~九州の平地や山あいの
湿地など湿った場所に自生します。なぜか当地では平地ではあまり見られません。
草丈7~8cm、根生葉があり茎は根本から枝分かれし花が咲きます(写真B)

5_20170520042550ed4.jpg

6_20170520042550f9e.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.05.19     カテゴリー :   山野草

碇草、錨草

福島県矢吹町   イカリソウ(碇草、錨草 /メギ科 イカリソウ属 )


隣り町郊外の里山でイカリソウ(碇草、錨草 /メギ科 イカリソウ属 )が見頃になりました。
イカリソウは主に北海道~本州の太平洋側の山林に多く自生し
花の形が船舶の錨(いかり)に似ているのでイカリソウと呼ばれています。
花色は薄いピンクが多数ですが、まれに白花もあり
地方によっては黄色もあります。


1_20170519043730f25.jpg

2_20170519043733c15.jpg

3_20170519043735576.jpg

イカリソウ属は25種ほどがアジアから南ヨーロッパにかけて分布し
漢方では精力剤として有名です。

「淫羊カク」四方山話
※田辺三菱製薬HPより 

昔、一日に百回も交尾するすごいヤギが山に生息していました。
このヤギはいったい何を食べて、こうも強いのだろうと、
村人が草むらにかくれて遠くからながめていたのです。
すると淫乱なヤギはしきりにある一つの植物の葉を食べており、
その葉は村人たち「カク(カク)」と呼んでいる植物であることがわかり、
それ以後、これを「淫羊カク」と名付けて強壮生薬として用いるようになったといわれています。
実験的にも大脳を興奮させ、刺激性を敏感にし、末梢血管を拡張して血流を亢進させ、
特に、陰茎海綿体を充満させる作用があるといわれています。
日本名ではイカリソウといいますが、花が船のイカリに似ていることからつけられたのでしょうが、
「イキリ立つ」ということにも引っかけた言葉だともいわれています。
どのイカリソウでも効くのではなく、
中国で古くからこれが良いとして使われているホザキノイカリソウが一番です。
これにはイカリイン、エピメディンCが含まれているのです。

4_2017051904373844d.jpg

5_20170519043739036.jpg




   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!




2017.05.18     カテゴリー :   山野草

踊り子草・白花&黄花

福島県矢吹町   オドリコソウ(踊り子草/シソ科オドリコソウ属)・白花&黄花


オドリコソウは自生地によって花色は濃いピンク~白まで微妙に変化があり。
この自生地はピンクと白がグループごとに混在しています。
日当たりが悪い場所は白くなる傾向はありますが
この自生地は白花もピンク花も日当たりは最高なので
花色の違いは日当たりでけでは無いようです。
名前の由来は花の咲く様子を櫓の下で輪になって踊る
踊り子に見立てたと言われてます。


5_20170518040409775.jpg

6_201705180404116bd.jpg

7_2017051804041193a.jpg


↓ キバナオドリコソウ(黄花踊り子草/シソ科ラミアストルム属 )

キバナオドリコソウは欧州東部〜西アジア原産の逸失帰化植物。
半日陰を好みランナーで増えていきます。
以前、キレイだと思って1株頂いて植えたら増えるは増えるは・・・
あまりにも繁殖力旺盛で他の植物を負かすので駆除したつもりですが
いまだに出てきます(-"-)。
キレイな花だけど丈夫過ぎるのも困ったものです(^_^;)。


8_201705180404132dc.jpg

   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.05.18     カテゴリー :   山野草

踊り子草(薄紅種)

 福島県矢吹町 オドリコソウ(踊り子草/シソ科オドリコソウ属)・薄紅種


白花タンポポ咲く隣り町郊外の土手ではオドリコソウも花盛りでした。
オドリコソウ(踊り子草/シソ科オドリコソウ属)は全国に広く分布しますが
以前はなぜか近辺では見つけられずに、一番近い場所でも30分もかけて撮影に行っていました。
ところが、まさに“灯台下暗し”で6年前に白花タンポポの近くで
わんさか自生しているのを偶然みつけました。
以前に桜咲く頃に何度か来た場所でしたがその頃は花が咲いておらず気付きませんでした。
まさかこんな場所にあるはずないという、思い込みが一番いけないのかも(^^);。


1_20170518035123039.jpg

2_2017051803513110f.jpg

3_2017051803512722a.jpg

4_201705180351318b6.jpg


  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.05.17     カテゴリー :   山野草

北限のホワイトダンデライオン(白花蒲公英)

福島県矢吹町   北限のホワイトダンデライオン(白花蒲公英)


隣り町郊外の田園地帯でシロバナタンポポ(白花蒲公英/キク科タンポポ属)が見頃になりました。
シロバナタンポポは一般的に関東以西に自生すると言われますが
福島県でも県の南部で稀に見られます。
シロバナタンポポは在来種(日本産)ですが同じ在来種のエゾタンポポなどよりは
総苞外片はわずかに開いて、先端に明瞭な角状 突起があります。
しかしセイヨウタンポポ(ダンデライオン)に比べれば総苞外片が大きく反り返らず、
舌状花は少なめで、白花と言っても中心部はやや黄色く見えます。


1_201705170402042a3.jpg

2_2017051704020885c.jpg

3_20170517040204fe2.jpg

4_20170517040209644.jpg

5_20170517040209817.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)

最新記事


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR