タグ 《冬》   全26ページ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2017.03.26     カテゴリー :   夕日、夕焼け

那須連峰と釈迦堂川の夕焼け

福島県鏡石町  那須連峰と釈迦堂夕焼け 

久しぶりに当町郊外から望む那須連峰と釈迦堂夕焼けです。
里は梅の花が満開になり、いよいよ本番の装いですが
那須連峰はまだまだ深い雪に覆われています。

那須連峰は太古に甲子旭岳から南東方面に順に噴火しはじめ、
茶臼岳は有史以来、数度の噴火歴があり、
とくに1410年の噴火では死者180名余もの大被害を引き起こしたそうです。
直近の噴火は1963年(昭和38)で、山頂西側の溶岩ドームからは現在も噴煙を上げています。
中央の冨士山型の山が茶臼岳で無風なら当町からも噴煙が夕日に染まって見えますが
この日は雲一つないくらいですから風があるのでしょう、噴煙は少ししか見えていません。
当町から茶臼岳は35kmしか無いのでもし噴火でもすれば降灰は免れないでしょうが
釈迦堂の源流は那須連峰ではないので
火砕流や融雪泥流などの被害は無いとみられています。


PS,  この記事をUPした翌日(3/27)
那須温泉ファミリースキー場付近で雪崩が発生し高校生や教師8人が犠牲になり
40人もの怪我人が出てしまいました。
那須温泉ファミリースキー場で滑ったことはありませんが
毎年、那須岳の紅葉を見に行く際はすぐそばを通るし、
当町からもスキー場は見えるので他人事ではありません。
しっかり原因を究明して2度とこのような悲しい事故が起きないようにして欲しいと思います。
怪我をされた方々の一日も早い回復を願うとともに
亡くなられた方々のご冥福を心から祈っております。


コピー (1) ~ IMG_3424

IMG_3399.jpg

20161121042632d6a_20170326045203e11.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

スポンサーサイト

2017.03.24     カテゴリー :   

春待ち雪解けの大滝川渓流・暁の滝

待ち解けの大渓流・暁の


急斜面を下って谷底まで降りてきました。
谷底からは3段の段瀑の一番下しか見えませんが
近づけただけ小さいなりに迫力はでてきます。


IMG_3907.jpg

IMG_3910.jpg

IMG_3917.jpg

↓ 3段の段瀑の下にも2mほどの小があるので実際は4段落差14mのとも言えるのですが
4段が一度に見えるポイントが無いので4段目は“暁の”には入れません。

当初の予定では上流の滝にも行ってみたかったのですが
林道には予想以上の積(溜り)があるので今回は断念しました。
また別の機会にご紹介したいと思います。

IMG_3921.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.03.23     カテゴリー :   

春待ち雪解けの大滝川渓流・暁の滝

 待ち解けの大渓流・暁の


暁のは遊歩道の上からも見下ろせますが
3段のを3つとも構図に収めるには崖の斜面を降り
崖の中腹から撮影しなければなりません。
死に到るような落差の大きな崖ではありませんが
ゴロゴロした岩が多いので足元には細心の注意が必要です。

渓谷の対岸の斜面の上に大渓流上流へと続く林道があります。
場は林道からも暁のが崖下に俯瞰できますが
夏場は木々の緑に覆われ見えなくなるので
暁の滝の存在は渓流釣りの人以外、地元でさえあまり知られていません。


IMG_3884.jpg

IMG_3890.jpg

IMG_3892.jpg

IMG_3895.jpg


  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.03.22     カテゴリー :   

春待ち雪解けの大滝川渓流・暁の滝

 待ち解けの大渓流・暁の

奥羽山系にある大渓流へ行ってみようと
まずは県道脇にある滑川砂防ダムへ積状態確認のために立ち寄り
解けが進み県道はまだ通行止めだったもの道路自体に積はありませんでした。

次は本来の目的地である大渓流ですが、こちらは行き止まりの林道なので
はされておらず所々に残がありました。
一番下流にある(暁の滝)近くの橋を渡ろうとしたら
なんと雪だまりでスタックしてしまいました(ーー;)。

かろうじて車は脱出はできましたが、行き止まりの駐車場まで行くのは断念し
一番下流の『暁の滝』だけ徒歩で向かい撮影することに。
大滝川渓流は我が家から西北へ車で約25分と近いのですが
それほどの豪雪地帯ではないものの
それでも例年厳寒期なら50cmは積もっていてもおかしくない場所。
でも、たかが50cmでも除雪されていない林道は車は走れません。
         

IMG_3940.jpg


大滝川渓流福島県須賀川市(旧岩瀬村)の八幡岳(1102m)を源に
大滝川~滑川~阿武隈川を経て太平洋に注ぐ阿武隈川水系の源流の一つです。
最上流に落差30mの幻の大滝や小滝が連なっていて
渓流の最下流にあるのが『暁の滝』です。
3段の段瀑で落差は3段合わせて12mほど、
大きな滝ではありませんが奥羽山系の滝では我が家から一番近い滝の一つです。

IMG_3948.jpg

↑  遊歩道から見下ろした最上段の滝です。
↓  遊歩道からもかろうじて3段の滝が見下ろせます。

IMG_3932.jpg

IMG_3934.jpg



  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!




2017.03.21     カテゴリー :   

春待ち雪解けのダム湖

福島県須賀川市(旧・岩瀬村)  待ち雪解けのダム(滑川砂防ダム)


2回に渡りを告げるセリバオウレンをご紹介しましたが
悲しいかなそれに続く花がまだ咲きません。
しかし持ちネタはゼロ状態(ーー;)。
季節が逆戻りするかのようですが雪解け進む奥羽系の滝に行ってみることにしました。

渓流に入る前、積雪状況の確認方々滑川砂防ダムに立ち寄ってみました。
途中の道路はまだ通行止めでしたが道路に雪は無かったので難なく砂防ダムに到着。
ぱっと見は景色ですが、雪解けが進みを感じるやわらかな景色です。
奥羽脈にも間違いなくは近づいてきました。


IMG_3864.jpg

IMG_3868_20170321042933bc4.jpg

IMG_3877.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.03.18     カテゴリー :   渓谷・渓流

東野の清流・早春賦

 福島県玉川村  東野の清流・早


だらだらと続けてきました『東野の清流・早賦』シリーズは
今回をもって完結です。
季節的に中途半端な時期でネタ不足ということもありますが、
理由あって中々時間が取れなく
遠くへの外出がままならず持ちネタが枯渇寸前(ーー;)。
近場の山野草の開花が待ち遠しい日々です。


IMG_3698.jpg

IMG_3691.jpg

コピー (1) ~ IMG_3588

IMG_3700.jpg



  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!



2017.03.17     カテゴリー :   渓谷・渓流

東野の清流・早春賦

 福島県玉川村  東野の清流・早


東野の清流のある阿武隈山地は奥羽山地や会津に比べると
積雪は圧倒的に少なく道路が期間常時
圧雪状態になることはありませんし、通行止めにもなりません。
でも昨日のように南岸低気圧が太平洋側を北上したときは
奥羽山地や会津より湿った雪が多く積もることがあります。
知人の話では昨日当町の積雪は1cmほどでしたが
阿武隈山地では8cmほど積もっていたそうです。
これが名残り雪であってほしいものです。


IMG_3652.jpg

IMG_3635.jpg

IMG_3674.jpg

IMG_3659.jpg


  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.03.16     カテゴリー :   渓谷・渓流

東野の清流・早春賦

福島県玉川村  東野の清流・早


昨日は天気予報ほどの積雪にはならず
薄っすらの雪化粧ですみ一安心。
でも最高気温は4度とは足踏み状態(ーー;)。
やはり当地のらしいは3月下旬になってからかも・・・・
♪は~るよこい、は~やくこい♪


IMG_3632.jpg

IMG_3625_20170316050748a80.jpg

IMG_3629.jpg

IMG_3633.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.03.15     カテゴリー :   渓谷・渓流

東野の清流・早春賦

福島県玉川村  東野の清流・早


やっぱり来たか・・・・
今朝は久しぶりに薄っすら雪化粧しました。
梅の花がようやく5分咲きになったのに(ーー;)。
まぁ、桜が5分咲きの頃にも積もったことがあるので
想定内って言えば想定内ですが
この雪が最後の名残り雪であって欲しいものです。


IMG_3592.jpg

IMG_3593.jpg

IMG_3599.jpg

IMG_3603.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.03.14     カテゴリー :   渓谷・渓流

東野の清流・早春賦

福島県玉川村  東野の清流・早


が近づくと解けては凍り、解けては凍りを繰り返し
塊はしだいに小さくなり、ある日誰知らず消えていきます。
まるで何事もなかったかのように・・・・


IMG_3557.jpg

IMG_3572.jpg

IMG_3570.jpg

IMG_3578.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.03.13     カテゴリー :   渓谷・渓流

東野の清流・早春賦

福島県玉川村  東野の清流・早

♪ は~るになれば、しがこもとけて
どじょっこだの、ふなっこだの、
よるがあけたと おもうべな ♪

当地でのことを“しがこ”とは言いませんが
まさにこの童謡の世界がここには残っています。


IMG_3547.jpg

IMG_3533.jpg

IMG_3519_20170313043638026.jpg

IMG_3518.jpg



   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!




2017.03.12     カテゴリー :   渓谷・渓流

東野の清流・早春賦

福島県玉川村  東野の清流・早

東野の清流は南東向きなので晴天の日の午前中は陽射しをまともに浴び
写真が白飛び(ハレーション)しやすいので
撮影が目的なら早朝か午後がお薦めです。


IMG_3520.jpg

IMG_3523.jpg

IMG_3525.jpg

IMG_3526.jpg


   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.03.11     カテゴリー :   渓谷・渓流

東野の清流・早春賦

 福島県玉川村  東野の清流・早


東野の清流の結は豪快さも迫力もありませんが
ごとに個性があって見ていても、撮っていても飽きません。
これとて結は日々変化するわけですから
まさに自然は一期一会の芸術ですね。


IMG_3508.jpg

IMG_3511.jpg

IMG_3515.jpg

IMG_3519.jpg


  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.03.10     カテゴリー :   渓谷・渓流

東野の清流・早春賦

福島県玉川村  東野の清流・早

が近づくと解けが進み厳寒期のようなは少なくなるのですが
このポイントは積雪と凍結と融を何度も繰り返し
何層にも重なった大きなの塊が残っていました。
に雪が付着し凍結と融を何度も繰り返すと
しだいに氷の透明感が無くなります。


IMG_3493.jpg

IMG_3497.jpg

IMG_3499.jpg

IMG_3491.jpg

   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2017.03.09     カテゴリー :   渓谷・渓流

東野の清流・早春賦

福島県玉川村  東野の清流・早

東野の清流は小さなばかりですが
かつては主なには最寄の玉川村立須釜小学校 四辻分校の児童が愛称を付けた看板がありました。
しかし分校は平成19年3月31日をもって閉校になってしまい、
それに呼応すかのように看板も朽ちて一部が残るのみです。


IMG_3474.jpg

IMG_3476.jpg

IMG_3478.jpg

IMG_3480.jpg



   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR