タグ 《山野草》   全49ページ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.06.14     カテゴリー :   

磐梯山麓滝めぐり~表磐梯・蛇追ヶ滝 ①

福島県磐梯町  磐梯山麓めぐり~表磐梯・蛇追ヶ


前回では裏磐梯の白霧のと幻のを紹介しましたが
今回は表磐梯で数少ないの一つ“蛇追ヶ”を紹介しましょう。

蛇追ヶ滝は全国的なガイドブックに載るほど有名ではないし
福島県民からもあまり知られていない少しマイナーな滝ですが
別々の滝が同じ場所に流れ落ちるという珍しい形態の滝で
今で言うところのインスタ映えするとても美しい滝です。
さらに滝から続く小渓流も中々フォトジェニックなので
写真好きにお勧めの滝です。 


1_20180614040731a1b.jpg


↑ 福島県磐梯町 蛇追ヶ滝ルートマップ(Google earthに加筆)

裏磐梯や幻の滝からは磐梯町側の観光道路ゴールドラインの終点を目指します。
アルツ磐梯をやり過ごすと磐梯町中心部と七ッ森ペンション村への
逆Yの字分岐点(源橋集落)があるので、七ッ森方面に左折します(道路標識あり)
道なりに進むと“蛇追ヶ滝”への案内板があるので左折します。
ここからは1車線の狭いダート道で、暗い杉林を通りすぎると
丁字路にぶち当たり、左折します。正面は貯水池です。
左折しまももなく不動堂があり、そこが蛇追ヶ滝へのスタート地点です。
その前に三台分くらいの駐車場があります。


2_20180614040739796.jpg


↑ 蛇追ヶ滝 不動堂

不動堂の脇が駐車場で、不動堂の向こう側は貯水池です。
ここに車を置き、滝尻沿いの遊歩道を道なりに上流側に進みます。
雰囲気的には熊が出そうな場所なので、熊除け鈴などを忘れずに。
蛇追ヶ滝を余すところ無く撮影したいなら胴長(ウェダー)がベストで
最低でも長靴がお薦めです。 


3_20180614040800f60.jpg


↑ 杉林の中の遊歩道を抜けたら明るく開けた場所に出ました。
なんと遊歩道の両側がずっとニリンソウ(二輪草/キンポウゲ科イチリンソウ属)に
覆い尽くされています。  


4_2018061404080382d.jpg


↑ 蛇追ヶ滝は2度目ですが遊歩道がこんな見事なニリンソウの絨毯に
覆われているなんて知りませんでした。 


5_20180614040803b75.jpg


↑ 以前訪れたのは8月下旬でした。
ニリンソウの絨毯に気付かなかったのはが咲いていなかったからではありません。
ニリンソウはが終わり1ヶ月半ほど過ぎると葉っぱごと枯れて
見ため的にはニリンソウそのものが無くなってしまうからです。
その跡には他の雑草が繁茂してきます。 


6_20180614040808edc.jpg


↑ ニリンソウはスプリングエスメラルの一つです。
スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)は、
落葉広葉樹林などで先にを咲かせ、
夏まで葉をつけたあとは地上部は枯れ地下で過ごす草の総称です。
Spring ephemeralは「の儚いもの」「の短い命」というような意味で、
の妖精」とも呼ばれています。  


7_201806140408069c3.jpg


↑ ニリンソウならこの既に紹介済みですが
これほどの群落はそうそう見られません。 


8_20180614040803937.jpg


↑ ニリンソウの絨毯の右手には蛇追ヶ滝から流れ下ってくる
滝尻が見えています。
ニリンソウと渓流の見事な競演です。
白霧の滝や幻の滝はまだ目覚めたばかりで
新緑というよりはまだ芽出しの状態で色彩的に地味でしたが
蛇追ヶ滝は標高が低いぶん(650mほど)緑が鮮やかです。


9_2018061404080850d.jpg


↑ 来た道とニリンソウに絨毯を振り返った構図。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

スポンサーサイト

2018.06.08     カテゴリー :   

磐梯山麓滝めぐり~裏磐梯・白霧沢 ②

福島県北塩原村  磐梯山麓めぐり~裏磐梯・白霧沢 ②


白霧沢は国道辺りで標高は800mほど。
そこから白霧沢のどん詰まりの“白霧の”までは距離が約250m、高低差が約70mほど。
沢を登り始めると最奥に白霧のがすでに見えるほどの距離ですが
かなりの急勾配なので登るのはけして楽とは言えません。


7_20180608040459ca0.jpg

8_20180608040459195.jpg

9_20180608040721416.jpg


↑ 遊歩道はもとより踏み後もほとんど無いので、
沢沿いの歩き易い場所を見つけて沢登りする感じです。
ごらんの通り、渓流すべてがに覆われていて、岩場は特に滑りやすいので
最低限でも長靴or渓流シューズが必要です。


10_20180608040510cc5.jpg


↑ 岩の上の赤い葉はヤグルマソウ(矢車草/ユキノシタ科ヤグルマソウ属)の若葉です。
芽出しから葉が成長するまでの1ヶ月くらいは
まるで紅葉したかのような赤茶色をしていて
色彩の乏しい早の渓谷に彩りを添えてくれます。


↓ 白霧沢でヤグルマソウの花は6月下旬頃が見頃なので以前撮影した写真をご覧下さい。

ヤグルマソウは北海道南西部~本州の山あいの渓流沿いや湿った谷筋に自生します。
5枚の小葉が鯉幟の矢車に似た形なので付いた名前です。
1つの小葉はさ30~40cmにもなり素朴な白い花より葉の方がインパクトがあります。
地下茎で増えるので群落をつくりますが、株数の割りにはあまり花付きは良くない印象です。
蕾や咲き始めは黄緑色でかなり地味ですが満開になると白さをまし、
クローズアップで見ると中々キレイな花です。


11_201806080405088c8.jpg


↓ 渓谷を見下ろしています。
ついさっきまでは国道辺りが見えていたのですが
あっと云う間に霧に覆われてきました。  


12_20180608040512454.jpg


↓ が一番美しい時期には半月ほど早かったのですが
や渓谷が大好きでフェチでもあるので
その3つが同時に楽しめる白霧沢は理想の渓谷です(^^♪。 


13_20180608040506e18.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.06.06     カテゴリー :   山野草

オオヤマフスマ

福島県鏡石町  オオヤマフスマ


オオヤマフスマ(大山衾/ナデシコ科オオヤマフスマ属)

田んぼ脇の土手でオオヤマフスマが盛りになりました。
オオヤマフスマ(大山衾/ナデシコ科オオヤマフスマ属)は日本各地の
主に山地の林縁などで見られますが、ここでは何故かは田んぼ脇の土手に群生しています。
の大きさは8mmほど、草丈は20cm、茎の太さはは1mmもなく
今にも折れそうですがお互いに寄り添い立っています。
華奢とはいえ“柳に雪折れなし”と同じであんがい丈夫です。


1_201806060159029d9.jpg

2_20180606015918616.jpg

3_20180606015917114.jpg

4_20180606015919c5f.jpg


フスマとは昔の寝具のことだそうですが
こののどこが寝具なのでしょうね?。
別名はヒメタガソデソウ(姫誰袖草)。
なんかこっちの方が由緒ありそう(^^♪。


5_2018060601591412e.jpg

6_20180606015919d20.jpg

7_20180606015914c2c.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.06.05     カテゴリー :   山野草

絶滅危惧種Ⅰ類・カザグルマ

福島県矢吹町 絶滅危惧種Ⅰ類・カザグルマ


隣り町の里山の谷地でカザグルマが見頃になりました。
カザグルマ(風車/キンポウゲ科センニンソウ属)は本州~九州北部の
木漏れ日さす森や林縁などやや湿った場所に自生します。 


1_20180605045701ada.jpg

2_201806050457016ff.jpg


私が子供の頃は里山でごくふつうに見られたのですが
里山の減少や盗掘などで急激にその数を減らし
なんと33都府県で絶滅危惧種に指定されています。
我が福島県でも残念ながら絶滅危惧種になっています。  


3_20180605045700a3e.jpg

4_201806050457058d8.jpg


この自生地は4年くらい前は谷地の藪状態で
人がほとんど入ることはなく
カザグルマも藪に覆われていて細々咲いている状態でしたが
近隣の住民が協力して下刈り整備&カザグルマの保護に努め
今年は今までになくたくさんの株がを咲かせていました。  


5_20180605045703678.jpg

6_20180605045703ba7.jpg


カザグルマとテッセン(鉄線)とクレマチスを混同しがちですが
カザグルマは日本の固有種で基本的にはハナビラ(ガク)は8枚ですが
テッセンハは中国原産でハナビラ(ガク)は6枚です。
クレマチスはカザグルマやテッセンを欧州で品種改良した
園芸種を指します。(国内の園芸種も含む)  


7_20180605045706bae.jpg

8_2018060504570413a.jpg


↑ カザグルマ・レットデータ (※日本レットデータ検索より)

カザグルマは35都府県で絶滅危惧種に指定されています。
灰色は絶滅、赤は絶滅危惧種Ⅰ類、橙色は絶滅危惧種Ⅱ類
黄色は準絶滅危惧種、白は無指定やデータ無し。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.06.04     カテゴリー :   清水

緑滴る涌井の清水

福島県天栄村 緑滴る涌井の清水


新緑から深緑へ、涌井の清水  

前の週にハルリンドウを見に立ち寄ったのですが
残念ながら曇天だったのでやはり花は閉じて蕾状態でした。
所用次いでに再訪してみました。
さすがに1週間後だったので花の盛りは終わりだろうし
午後3時過で日蔭が多くなり花が閉じているかもと不安でしたが
まだなんとか咲いていてくれました。


1_20180604040614136.jpg


ハルリンドウが咲いているには咲いていますが  
ミズバショウの葉が大きくなり隠れるように咲いています。
大きな葉っぱがなければ漆黒の清水とのコラボが美しいのですが
自然のなりゆきなので仕方ないですね。


2_2018060404060208c.jpg

3_20180604040606d2d.jpg


涌井の清水は森に囲まれているので
風の影響は受け難いのですが
微風でも水面が波立てば美しい水鏡にはなりません。
この日は運良くベストコンデションでした。


4_20180604040609b6c.jpg


涌井の清水は、湧水量毎分2,200L、面積約500㎡と言われ、
水底から途切れることなく砂が浮き上がる様子は神秘的で、
日照りで降雨の少ない気候でも水量に変わりなく、魚も生息し、
昔から魚を獲ったり、池をかき回すと洪水となって襲ってくると言い伝えられ、
人々から恐れられていました。


5_2018060404061632e.jpg

6_201806040406231f2.jpg


その昔、成務天皇のころ(4世紀半ば)、この沼に住む大蛇が水を湯の如く熱し人々に害を与えるので、
この池を治めた石背国造初代の建美依米命がこれを憂え、
沸湯御前神社を祀り、人々の平和を願ったといわれています。
江戸時代には、この沼が雨乞いの霊地として領主の白河藩主の耳にも入り、
慶安元年(1648年)の大早魃のときに藩主榊原忠次の命により、
また、宝永元年(1704年)の旱魃には
藩主松平基知らが領民を救済するために、大祈祷を行わせた記録があります。
(現地案内板より)


7_201806040406231ce.jpg


新緑のグラデーションが神々しいほど美しい水鏡。
時おり沼底から湧水の水泡が立ち上がり水鏡に波紋が広がります。
対岸の左側に素朴な社の沸湯御前神社が少し見えています。


8_20180604040622265.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.06.03     カテゴリー :   山野草

ホタルカズラ

福島県鏡石町 ホタルカズラ


近くの里山でホタルカズラ(蛍蔓/ムラサキ科ムラサキ属)が見頃になりました。
日本各地の明るい山林に自生しますが、数はそう多くないようです。
佐賀や東京では絶滅し宮崎、富山では絶滅危惧種1類。
他多くの県で絶滅危惧種2類に指定されています。
町内の里山や雑木林では3ヶ所ほど確認していますが
あまり標高800mを越えるような高い山奥ではなぜか見かけません。


1_20180603034657038.jpg

2_20180603034707adc.jpg


ホタルカズラは同じムラサキ科のルリソウ(ムラサキ科ルリソウ属)と同じように
咲きかけや蕾はピンクや薄紫色ですが
時間とともに目の覚めるようなコバルトブルーに変化していきます。
でもピンク色や薄紫なのは半日ほどです。


3_201806030347171f1.jpg

4_20180603034708632.jpg

5_20180603034711208.jpg


蔓(かずら)とは蔓(つる)のことで
ホタルカズラは後にランナー(匍匐茎)が伸びてきて子株ができ
地を這うように増えていきます。
このランナーを蔓(つる)とみなし
青紫の星のようなを蛍の光にみたてた命名です。
園芸センターでよく似たのミヤマホタルカズラが売られていています。
いかにも山奥の山野草っぽい名前ですがそれは欧州原産の園芸種です。


6_20180603034715657.jpg

7_201806030347159cf.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.06.02     カテゴリー :   山野草

絶滅危惧種Ⅰ類 キンラン

福島県鏡石町 絶滅危惧種Ⅰ類 キンラン


キンラン(金爛/ラン科キンラン属)

当町の里山でキンランが見頃になりました。(撮影は5/9)
キンランは当町でもあまり見られない貴重種で
当町で私が確認できたのは2つの里山(雑木林)だけです。

全国的にみても45都府県で絶滅危惧種に指定されています。
数が少ないのは里山の減少・荒廃・盗掘など様々な要因がありますが
キンランそのものが菌根性樹木&菌根菌に頼っているため
自生地からキンランを移植しても、ほとんどが数年以内に枯死し、
栽培が非常に困難なのも大きな要因のようです。
保護するにはキンランだけではなく
自生地そのものを保護地にしなくてはなりません。
盗掘など論外です(ーー;)。  


1_2018060202461209c.jpg

2_20180602024616d14.jpg

3_2018060202461764a.jpg

4-_20180602024616f43.jpg


↑ キンラン・レットデータ(※日本レットデータ検索より)

キンランはなんと45都府県で絶滅危惧種に指定されています。
赤(絶滅危惧Ⅰ類) 橙色(絶滅危惧Ⅱ類) 黄色(準絶滅危惧) 白(データ無しなど)


5_201806020246202c5.jpg

4_20180602024616434.jpg


キンランは草丈20~30cm、
唇弁の赤い筋が特徴ですが
あまり赤くならない個体もあります。
弁は晴天にならないと大きく全開しません。


6_20180602024622645.jpg

7_2018060202462286c.jpg
  

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.06.01     カテゴリー :   山野草

ヒメハギ

福島県鏡石町 ヒメハギ


今年も町内の里山でヒメハギ(姫萩/ヒメハギ科ヒメハギ属)が見頃を迎えした。
ヒメハギはハギの名が付いていますが、
秋に咲くマメ科の萩の仲間ではありません。
草丈はわずか10~15cm、茎は地を這い茎が少し立ち上がり
枝先に小鳥が飛んでいるような7~8mmの可愛いを咲かせます。


1_2018060104302152c.jpg

2_201806010430241ff.jpg


↓ ヒメハギのは構造が複雑なので大雑把に説明すると
左右に一番大きく開いているのはガク片で
中央に3つのビラがあり、真ん中が舟型で左右が羽のように開いています。
舟形の先に薄紫のフリルのような付属体があり、昆虫がそれに乗ると
シーソーの原理で舟型が開き中から黄色いシベが現れます。
オシベ8本がメシベ1本を取り囲み下部が癒着しているので1つに見えます。 


3_20180601043028b06.jpg


ヒメハギは北海道~九州まで広範囲に分布しますが数は多くないようです。
里山や草地の明るくやや乾いた斜面などに自生し
草丈が低くも小ぶりなので枯れ草などに隠れて中々見つけにくいです。
初めて見つけた時はスミレの仲間かと思って近づいたほどです。
草丈が低く花も小さいので這いつくばって撮らなければならずいつも難儀します。


4_20180601043232067.jpg

5_20180601043031cd4.jpg

6_20180601043031cee.jpg


↓ 白花ヒメハギ(姫萩/ヒメハギ科ヒメハギ属)

ヒメハギの花色は99%赤紫ですが極稀に白花もあります。

7_20180601043033d28.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.05.31     カテゴリー :   山野草

タキネツクバネウツギ&ツクバネソウ

福島県玉川村 タキネツクバネウツギ&ツクバネソウ


タキネツクバネウツギ(滝根衝羽根空木/スイカズラ科ツクバネウツギ属)

隣り村の山中の林縁でタキネツクバネウツギが見頃になりました。
タキネツクバネウツギはツクバネウツギの変種で、
福島県の阿武隈山地の滝根町で発見された固有種です。
東北地方南東部~ 関東地方北東部の標高300-1,000mの山地に分布します。


1_2018053103543997c.jpg

2_20180531035440d0f.jpg


タキネツクバネウツギの母種のツクバネウツギ(衝羽根空木/スイカズラ属ツクバネウツギ)は
関東以西~九州の山地、丘陵地帯に自生し、樹高は1~2m
色は白や薄い黄色が基本で内側に黄色い網状紋があります。
ツクバネウツギの名は、冠が落ちたあとの5枚の萼が羽根つきの衝羽根(つくばね)に
似ていることからついたものとされます。


3_2018053103545227e.jpg


枝はよく分枝して樹高約1mになりますが、下刈りにあい地べたを這うようなタイプを多く見かけます。
葉は対生し、長さ2~4cmの広卵形または長楕円形で、先はやや尾状に尖り
縁には粗い鋸歯がある。5月~6月枝の先端に紅色のを2個つけます。


4_20180531035447d26.jpg


↑ タニウツギ(谷空木/スイカズラ科タニウツギ属

当地の山ではピンク色のウツギと言えばやはりよく目立つタニウツギです。
タニウツギ(谷空木/スイカズラ科タニウツギ属)は北海道と本州の日本海側に分布すると
多くの資料に書かれていますが、福島県では奥羽山地の分水嶺の東側太平洋水系の山にも多く自生します。
山の中でも沢や谷など湿気のある場所に多く生えるのでタニウツギと呼ばれます。
ピンク色が基本ですが白っぽいも稀にあります。


5_201805310354449a6.jpg


↑ ツクバネソウ(衝羽根草/ユリ科ツクバネソウ)

ツクバネついでに地味ながらツクバネソウも撮影しました。
ツクバネソウは全国のやや湿った山林下に自生し草丈は15~25cmほど、
茎の先端に地味な淡い黄緑色のを咲かせます。


6_201805310354512a0.jpg


↑ 群生している様子です。
これでも盛りなんですが全然目立ちません(^^);。


↓ 緑色の外花被片がありますが内花被片はありません。
オシベは8本あり、メシベの花柱は黄色で細長く長く4分枝し、
秋には1cmほど果実(液果)が羽根突きの羽子のような黒紫の実ができます。
この形状を衝羽根に見立てた名前です。
葉っぱは通常4枚輪生しますが、5枚輪生する個体もあります。


7_20180531035451424.jpg

8_20180531035452389.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.05.30     カテゴリー :   山野草

ルイヨウボタン&ルイヨウショウマ

福島県須賀川市(旧・岩瀬村)  ルイヨウボタン&ルイヨウショウマ


隣り村山中の渓流沿いの森でルイヨウボタンが見頃になりました。
ルイヨウボタン(類葉牡丹/メギ科ルイヨウボタン属)は、
北東アジアと北海道~九州の深山広葉樹林下に自生します。
名前の由来は、葉の形状がボタンに似ているため、類葉牡丹です。  


1_20180530033851d7a.jpg

2_20180530033854ed6.jpg


外萼片数枚と内萼片が6枚あります。 外萼片は開後すぐ落ち、
弁のように見えるのは内萼片です。
弁は萼片より著しく小さく萼片の基部に重なるようにつき、
扇状に広がった先端は蜜腺状になります。
後には、1つのに2つずつの種子ができ緑色から、
秋には黒紫色の種子になります。    


3_20180530033854c23.jpg


草丈は 40~70cm、 期は4~6月で、茎頂あるいは上部の葉腋に集散花序をつけます。
花は10個程度がまばらにつき、花径は1~1.5cm、
花色は黄緑色でぱっと見はかなり地味(渋い?)花ですが
太陽に透かして見るととてもキレイなライムグリーンだと思います。 


4_20180530033858c36.jpg

5_20180530033900eca.jpg


↓ ルイヨウつながりで隣り村の渓流沿いに咲いていた
ルイヨウショウマ(類葉升麻/キンポウゲ科ルイヨウショウマ属)をご覧下さい。
北海道~九州の深山の湿った谷間や林床に自生しますが
西日本では数が少ないようで絶滅危惧種に指定している県が多数あります。
ルイヨウを漢字では『類葉』
ショウマはサラシナショウマ『晒科升麻』のことで
葉がサラシナショウマに似るところによります。


6_20180530033858b39.jpg


↓ 上記と同じルイヨウショウマですが
真上から見ると別の花のように見えます。


7_20180530033859739.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.05.29     カテゴリー :   山野草

羽鳥湖高原湿地のハルリンドウ

福島県天栄村羽鳥湖高原  ハルリンドウ(竜胆/リンドウ科リンドウ属)


明神滝&立矢川の滝を堪能した後は羽鳥高原湿地に寄って
ハルリンドウを愛でてきました。
ハルリンドウ(竜胆/リンドウ科リンドウ属)は本州~九州の平地や山あいの
湿地など湿った場所に自生します。  


1_20180529045457574.jpg

2_20180529045456b7a.jpg


リンドウと言うと秋のイメージが強いですが
にもハルリンドウの他にフデリンドウ、コケリンドウ、ミヤマリンドウなどがあります。
でものリンドウはみな小型です。 


3_2018052904551109b.jpg


↓ フデリンドウをハルリンドウと混同しがちですが
フデリンドウは北海道~九州まで広く分布し、
里山や林のやや乾いた明るい草地に自生し
草丈は5~7cm、根生葉がなく1本の茎の先で枝分かれしが咲きます。 


4_201805290454558b5.jpg


↓ ハルリンドウには根生葉があり、茎が根本から枝分かれしてを咲かせます。 


5_20180529045506cae.jpg


↓ ハリリンドウ

咲くリンドウは2年草(越年草)なので
咲いたの種がこぼれ秋に発芽し一冬越して翌を咲かせます。
盗掘してもその株は枯れて翌年は咲かないので盗掘は絶対止めましょう。  


6_20180529045502bbb.jpg

7_20180529045510602.jpg

8_201805290455113a2.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.05.28     カテゴリー :   山野草

新緑の立矢川のハシリドコロ&オトメエンゴサク

福島県天栄村羽鳥湖高原 新緑の立矢川のハシリドコロ&オトメエンゴサク


前回紹介した立矢川の滝の上流域は山野草の宝庫です。
今の時期ならハシリドコロやオトメエンゴサクが見頃かなと思い
立ち寄ってみました。  


1_20180528041957994.jpg


↑ ハシリドコロ(走野老/ナス科ハシリドコロ)

狙い通りどころかハシリドコロはやや盛りを過ぎた感じ。
今年のの開が早いのを見越していたのですが
その予想を上回る速さです。
でもまだまだ見頃の群生もありほっとしました(^^);。


2_2018052804195333c.jpg


↑ ハシリドコロは本州~九州の山あいの渓流沿いなどに自生し、
朝鮮アサガオと同じようなアルカロイド系の成分を含む有毒植物です。
誤食すると走りまわって苦しむことが、名前の由来だそうです。


3_20180528041958739.jpg


↑ 野老(ところ)は、古くは「土古呂」、「都古侶」と書き「所領(ところ)」の意味があり、
「所領(ところ)」すなわち領地(りょうち)の安堵を願って野老(ところ)を正月に飾ったそですが、
野郎と書いて(ところ)と読むようになったのかは不明です。


4_20180528041954f32.jpg

5_201805280420021be.jpg


↑ オトメエンゴサク(乙女延胡索/ケシ科キケマン属)

立矢川渓流沿いではオトメエンゴサク(乙女延胡索/ケシ科キケマン属)も咲き始めていました。
オトメエンゴサクは以前は本州に自生するエゾエンゴサクに
分類されていたこともあるそうですが、現在は本州日本海側の多雪地帯に分布する
日本固有種とされます。


6_2018052804195816b.jpg


↑ ぱっと見はヤマエンゴサクとそっくりですが
ヤマエンゴサクの託葉はギザギザの切れ込みがありますが
オトメエンゴサクにはありません。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.05.21     カテゴリー :   山野草

ヤマブキソウ

福島県棚倉町  ヤマブキソウ(山吹草/ケシ科クサノオウ属)


茨城県にほど近い県南部の久慈川源流域でヤマブキソウが見頃になりました。
ヤマブキソウ(山吹草)は名前こそヤマブキと付きますが
落葉低木バラ科のヤマブキとは全く別物です(写真下)。
はそっくりですがヤマブキは5弁ですが
ヤマブキソウはケシ科クサノオウ属の宿根草で4弁
草丈20~30cm、径は4cmほどとヤマブキの2倍もあります。
遠目では似ていても近づいてみれば低木と草なので間違うとはないと思います。


1_20180521045645cf2.jpg

2_201805210456433ae.jpg


↓ ヤマブキ(山吹/バラ科ヤマブキ属)

の形も色もそっくりですが
ヤマブキ(山吹/バラ科ヤマブキ属)は落葉低木で花弁は5枚です。


3_20180521045642c06.jpg


↓ クサノオウ(瘡の王/ケシ科クサノオウ属)

花の大きさこそ違え、ヤマブキソウとそっくりなのは
同じケシ科のクサノオウです。
クサノオウはその辺の野原でふつうに見られ
珍しい花ではありませんがとても可愛らしい花だと思います。
~秋まで次々と咲く花期の長い野草です。
茎を折ると黄色い液が出、それが丹毒(急性の皮膚細菌感染症)に
効き目があるのでクサ(瘡=できもの)の王と呼ばれます。


4_201805210456444c5.jpg


↓ ヤマブキソウ(山吹草/ケシ科クサノオウ属)

ヤマブキソウは本州、四国、九州に分布し、
山地のやや湿った林床や林縁に自生する多年草で
葉の形状によりヤマブキソウ、ホソバヤマブキソウ、セリバヤマブキソウがあります。


5_20180521045648811.jpg

6_20180521045649756.jpg

7_20180521045648e61.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.05.20     カテゴリー :   山野草

クルマバソウ

 福島県須賀川市(旧・岩瀬村)  クルマバソウ


隣り村の渓流沿いでクルマバソウ(車葉草/アカネ科クルマバソウ属)が見頃になってきました。 
草丈は20~25cmほど、葉っぱが車輪状なので見たまんま車葉草と呼ばれます。 
全国に分布しますが北海道以外は高地のやや湿った林内に群生し
この渓流では良く似たオククルマムグラ(奥車葎/アカネ科クリマバソウ科)も群生しますが
クルマバソウはオククルマグルマより少し上流に多く群生します。


1_201805200430326a9.jpg

2_2018052004303012f.jpg


輪生する葉っぱは基本的にはオククルマグルマが6枚に対しクルマバソウは8枚,
十字型の白い小径は5mmとオククルマムグラより大きく
の形はロート状で葉や茎にとげ状の毛はありません。
オククルマムグラのもぱっと見はそっくりですがの形がロート状にならず
ビラも外側にカールせず葉っぱや茎は棘状の毛に覆われています。


8_20180520043036ebc.jpg

4_20180520043035736.jpg

5_20180520043033c16.jpg


クルマバソウの葉っぱに甘い香りの芳香成分であるクマリンが含まれ
ヨーロッパでは葉を乾燥させてワインやビールの香り付けに利用したり
衣類の防虫に使うそうです。
クマリンなど知らないと思うかもしれませんが、実は桜餅のあの香りです。
桜の葉(特に八重桜)にクマリンが多く含まれていて
乾燥させたり塩漬けにするとあの独特の甘い桜の香りがします。


6_201805200430396a4.jpg

7_201805200430343ea.jpg

3_20180520043024705.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

2018.05.19     カテゴリー :   山野草

ラショウモンカズラ

福島県須賀川市(旧・岩瀬村)  ラショウモンカズラ


隣り村の渓流沿いでラショウモンカズラ(羅生門蔓/シソ科ラショウモンカズラ属)が見頃です。
ラショウモンカズラ本州~九州の山間部の少し湿った川沿いなどに自生し
草丈は30cmくらいの大きさは3~4cmほど、シソ科の中では最大級のです。


1_20180519035130605.jpg

2_20180519035142419.jpg


名前の由来は、平安中期の頃、京都朱雀大路南端にあった羅生門に棲みついた鬼が
夜な夜な悪さをし人々を困らせていたので
源頼光(みなものよりみつ)の家臣の渡辺綱(わたなべのつな)が
その腕を斬り落とし鬼を退治したそうな。
その鬼の腕に似たというので羅生門蔓と名づけられたそうです。


3_20180519035134041.jpg

4_20180519035628204.jpg

5_20180519035135141.jpg


鬼の腕に似ているとはあんまりな例えですが、
よ~く見てみると確かに唇弁には毛が密生し、
ラッパ状のの側面は筋肉のような筋模様があり
筋肉隆々の鬼の腕に見えないこともないかも(^^ゞ。


6_20180519035139682.jpg


↑ ラショウモンカズの色はほぼ青紫色ですが
稀にピンクタイプもあります。
極々稀に白花もあるそうですが残念ながらまだ未見です。

↓ おまけに、ラショウモンカズラのそばではユキザサも見頃でした。
ユキザサ(雪笹/ユリ科ユキザサ属)は日本全国の里山~深山の
木漏れ日が差すような林床に自生し
あまりま大きな群生はせず疎らにまとまって生えています。
葉っぱを笹に小花を雪に見立てた風情ある名前です。
清楚で香りもいいんですよ(^^♪。

7_20180519035142f52.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR