カテゴリー 《 紅葉 》   全10ページ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2016.12.13     カテゴリー :   紅葉

禁断の戸草川渓谷・みちのく最後の紅葉 

IMG_9507.jpg

IMG_9498.jpg

福島県いわき市  禁断の戸草川渓谷・みちのく最後の紅葉 (撮影は11/22)

二岐のの上流(戸草集落方面)にも家老沢の、壺の、堀切のなどがありますが
二岐のから歩くとけっこう遠いので今回は二岐ので折り返し
紅葉を愛でながら二階滝の下流にある“魚止めの滝”を目指します。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!
スポンサーサイト

2016.12.09     カテゴリー :   紅葉

晩秋のみちのく須賀川紅葉めぐり(牡丹園編)Ⅲ 

IMG_8523.jpg


IMG_8682.jpg

IMG_8562.jpg

IMG_8582.jpg



src_46529706.jpg


のみちのく須賀川紅葉めぐり(牡丹園編)Ⅲ (撮影は11/17) 

須賀川牡丹園では毎年十一月第三土曜日の薄暮から宵にかけて『牡丹焚火』という歳時が行われます。
樹齢を重ねて枯死した老木や途中で折れた木などをを焚いて牡丹を供養する行事で
夕闇の中に燃え上る幻想的な炎と牡丹の木から出るほのかな香りは幽玄の世界に誘います。
残された灰は牡丹若木の根元にまかれ命は次世代へと受け継がれます。
この焚火を囲んで、昭和53年から句会が開かれており、全国から訪れた俳句愛好者は、
牡丹焚火の風情を楽しみながら想い想いの句を詠みます。
この牡丹焚火は平成十三年に環境省が選定した「全国かおり風景百選」にも選ばれています。






2016.12.08     カテゴリー :   紅葉

晩秋のみちのく須賀川紅葉めぐり(牡丹園編)Ⅱ 

IMG_8707.jpg


IMG_8479.jpg

IMG_8446.jpg


IMG_8411.jpg




のみちのく須賀川紅葉めぐり(牡丹園編)Ⅱ (撮影は11/17) 

元禄2年(1689年)、『奥の細道』の道中、松尾芭蕉は須賀川に7泊もし
『風流のはじめやおくの田植え歌』などたくさんの句を詠みましたが
残念ながらその当時はまだ牡丹園はありませんでした。
開園は芭蕉が訪れた77年後の明和三年(1766年)。
当時から須賀川は俳句が盛んな街でしたが、
もし牡丹園があったならどんな句を詠んだでしょうね。


2016.12.07     カテゴリー :   紅葉

晩秋のみちのく須賀川紅葉めぐり(牡丹園編)Ⅰ

IMG_8547.jpg

IMG_8440.jpg


IMG_8487.jpg

IMG_8382.jpg



のみちのく須賀川紅葉めぐり(牡丹園編)Ⅰ (撮影は11/17)

2016年の紅葉狩り第10弾は須賀川市の牡丹園の紅葉です。
牡丹園なのに紅葉?と思われるかも知れませんが
名前こそ牡丹園ですが紅葉も牡丹に負けずと劣らず見事なんですよ。
須賀川牡丹園はもちろん5月~6月の牡丹の花がメインですが、
10ヘクタールもの広大な園内にはバラ園や花菖蒲園もあり、新緑、紅葉、雪景色など
四季折々の風情を楽しむことができます。
牡丹の花の期間だけは有料になりますが、その他の期間は通年無料で入園できます。
園の正面入り口に無料駐車場があります。

須賀川牡丹園は10ヘクタール(東京ドームの3倍の広さ)の園内には
290種・7,000株の牡丹が咲き誇り世界最大級の牡丹園です。
牡丹園の歴史は250年前,明和三年(1766年)須賀川で薬種商を営んでいた伊藤祐倫が
牡丹の根を薬用にしようと苗木を摂津(現在の兵庫県宝塚市)から取り寄せ
栽培したのが始まりといわれています。
その後、明治の初期に柳沼家~市に受け継がれ種類、株数を年々増やして
ほぼ現在の形をつくり昭和七年には国の名勝に指定され現在にいたります。

2016.11.29     カテゴリー :   紅葉

錦繍の旭ヶ岡公園 Ⅱ

IMG_6910.jpg

IMG_6866.jpg

IMG_6909.jpg

IMG_6865.jpg

IMG_6844.jpg



福島県須賀川市 錦繍の旭ヶ岡公園  (撮影は11/13)

旭ヶ岡公園は我が家から車で4分ほど、
明治33年(1900年)の大正天皇ご成婚をお祝いして作られたれた歴史ある庶民の公園です。
開園116年にもなるので古木銘木が多くとくに紅葉福島県内でも指折りの美しさで、
春の桜やツツジもまた見事なんですよ。
もちろん私の行く所ですから入園料はタダです(^^ゞ。
国道4号線沿いにあり、信号機のある公園入り口を奥に進むと無料の駐車場があり
20台くらい駐車できます。
大きな公園ではありませんがモミジの密集度はかなりのもんです。

2011年の東日本大震災で園内の朝日稲荷神社や鳥居、東屋、橋などが倒壊しましたが
東屋や橋は1年半後には再建されたものの神社は半倒壊したままです。
樹木への影響はありませんでしたが福島原発事故による放射能汚染除去というお題目の基に
芝や土などはかなり除去、入れ替えられました。
放射能は他府県と比べてもそう高い地域ではないので
汚染除去するほどでもないのですが
子供が多く集う公園なので念のために除去したのでしょう。
ちなみに我が家にも放射能検査は入りましたが
全国平均とあまり変わらないので除去はお願いしませんでした。

2016.11.28     カテゴリー :   紅葉

錦繍の旭ヶ岡公園 Ⅰ

IMG_6425.jpg

IMG_6418.jpg

IMG_6701.jpg

IMG_6466.jpg

IMG_6691.jpg



福島県須賀川市 錦繍の旭ヶ岡公園  (撮影は11/13)

里地にも紅葉が降りてきたので福島県須賀川市の旭ヶ岡公園、牡丹園など地元の紅葉の名所を巡ってきました。
福島県外からの観光客が押し寄せるほど有名な紅葉の名所ではありませんが、
有名な観光地にも引けを取らない美しい紅葉が静かに楽しめます。

私の写真は基本は自然+無料ですが久しぶりに公園&庭園の紹介です。
一応入園料は要らないので無料だけはクリアしています(笑)。
だって有料なら美しいのは当然でしょ。
でも悔しいけど写真的には有料の公園やテーマパークの方が華やで目立つし
一般受けがいいんですよね。
とは言えさすが旭ヶ岡公園、牡丹園は無料ながら意図的に造られた公園なので
紅葉は色彩が自然とは比べ物にならないほど図抜けて美しいです。
そりゃ美しい紅葉樹を選抜して植えているんだから当然っちゃ当然かも。
なにがなんでも自然が一番だなんて意固地にならず
自然からは癒しを公園からは元気をもらうのも賢い楽しみ方ですね。

2016.11.20     カテゴリー :   紅葉

山紅水明・麗しき深秋の滑川砂防ダム 

IMG_5544_2016112004362286a.jpg

福島県須賀川市(旧・岩瀬村) 山紅水明・麗しき深の滑川砂防ダム  (撮影は11/5)

これで滑川ダムの紅葉シリーズは完結です。
ぶっつけ本番の新デジイチにしてはまずまずかな(^^ゞ。
毎度の事ながら似たような写真のオンパレードで恐縮です。
名残り惜しいですがこの日はこのあと仕事なのでこれで撤収です。
仕事がなかったらどんだけ撮り続けたことやら・・・(^_^;)。

2016.11.20     カテゴリー :   紅葉

山紅水明・麗しき深秋の滑川砂防ダム  

IMG_5510.jpg

福島県須賀川市(旧・岩瀬村) 山紅水明・麗しき深の滑川砂防ダム  (撮影は11/5)

2016.11.20     カテゴリー :   紅葉

山紅水明・麗しき深秋の滑川砂防ダム  

IMG_5520.jpg

福島県須賀川市(旧・岩瀬村) 紅水明・麗しき深の滑川砂防ダム  (撮影は11/5)

ダム湖の向こうの塊は八幡岳(1102m)、須賀川市(旧・岩瀬村)の最高峰です。
ただ、ここから頂は角度的に見えていません。

2016.11.20     カテゴリー :   紅葉

山紅水明・麗しき深秋の滑川砂防ダム 

IMG_5425.jpg

福島県須賀川市(旧・岩瀬村) 山紅水明・麗しき深の滑川砂防ダム  (撮影は11/5)

縦撮り写真を横置きにしてみると・・・・
どっちが本当の空?

2016.11.20     カテゴリー :   紅葉

山紅水明・麗しき深秋の滑川砂防ダム

IMG_5424.jpg

福島県須賀川市(旧・岩瀬村) 山紅水明・麗しき深の滑川砂防ダム  (撮影は11/5)

当地でも歴史ある街中にある公園の紅葉は見事ですが
それらの多くは人為的に植栽されたものなので美しいのは当然です。
この滑川砂防ダムはダムじたいは人造ですが
周囲の広葉樹林は自然のまま。
偶然だと思いますがこんな素晴らしい紅葉の場所に
よく砂防ダムを造ったものだと感心します。

2016.11.19     カテゴリー :   紅葉

山紅水明・麗しき深秋の滑川砂防ダム 

IMG_5410.jpg

福島県須賀川市(旧・岩瀬村) 山紅水明・麗しき深の滑川砂防ダム  (撮影は11/5)

昨年も夜が明けたばかりは上流からのダム下流ヘ風が吹き抜けさざ波が立っていましたが
7時半を過ぎ気温が上がってくると気流の移動が少なくなるからかさざ波が治まり
水鏡になりやすいようです。
とくにダム左岸(見た目では右側)は森が防風林の役目をするので
水面がより静かです。

2016.11.19     カテゴリー :   紅葉

山紅水明・麗しき深秋の滑川砂防ダム  

IMG_5394.jpg

福島県須賀川市(旧・岩瀬村) 山紅水明・麗しき深の滑川砂防ダム  (撮影は11/5)

一番左奥のガレ場が見える辺りが川の流入口です。
ダムの名前は『滑川砂防ダム』ですが、川の名は『金喰川』(きんはみがわ)
少し下流で大滝川と合流して『滑川』になり、須賀川市で阿武隈川に合流します。
『金喰川』は諏訪峠(779m)や笠ヶ森山(1012m)を源流とし、
標高は500mほどですが砂防ダムより上流に民家は無いので水はとても清らかです。

2016.11.19     カテゴリー :   紅葉

山紅水明・麗しき深秋の滑川砂防ダム 

IMG_5346.jpg

福島県須賀川市(旧・岩瀬村) 山紅水明・麗しき深の滑川砂防ダム  (撮影は11/5)

ダムですから撮影している側に堰堤があり、堰堤の上からの撮影が基本です。
ダムの所々には水没林もありフォトジェニック。
ずいぶん昔、岩瀬村が須賀川市に合併する前に一応『ふくしま緑の百景』に選ばれましたが、
福島県民どころか市民(旧・岩瀬村村民以外)でも選ばれたことさえ知らない人が殆どです(^_^;)。

2016.11.19     カテゴリー :   紅葉

山紅水明・麗しき深秋の滑川砂防ダム

IMG_5352.jpg

福島県須賀川市(旧・岩瀬村) 山紅水明・麗しき深の滑川砂防ダム  (撮影は11/5)

『滑川砂防ダム』は県道67号(中野・須賀川線)沿い会津・南七峠の一つ、諏訪峠(779m)の登り口にあります。
地元の人にもあまり知られていない、紅葉の隠れ名所です。
透明度の高いダムと色取り取りの紅葉樹、岸辺には水没林と
見事なコラボレーションを見せてくれるのですが、
なぜかこの美しさがあまり認知されていません。
駐車場(10台くらい)もあるしアクセスも超楽チンの紅葉の穴場です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR