カテゴリー 《 清水 》   全3ページ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2016.06.19     カテゴリー :   清水

初夏の羽鳥湖高原の滝めぐり “桔梗清水”

7_20160619044959872.jpg

福島県天栄村 初の羽鳥湖高原の滝めぐり “桔梗清水

下郷町の“罠かけの滝”を観たあとは天栄村の秘湯・二岐温泉(ふたまた)の滝へ向かいました。
6,7軒ある二岐温泉郷の最奥の先にある二岐橋を渡り二岐林道に入ると、
すぐ左に小白森山登山口と右に観光案内板があります。
昨年9月は関東東北豪雨の被害で車両通故止めだったのでここから歩きだしましたが
今回は雨溝は修復されていました。

今も林道入り口に通行止めの看板がありますが御鍋神社までは車で問題なく行けます。
観光案内板のある林道から約2.2km先の奥二岐橋を渡り道なりに進むと
大きな右カーブがあり、その左手に「桔梗清水」があります。
カーブの辺りに車2台分くらい駐車できます。

スポンサーサイト

2016.06.19     カテゴリー :   清水

初夏の羽鳥湖高原の滝めぐり “桔梗清水”

5_201606190449551cc.jpg

福島県天栄村 初の羽鳥湖高原の滝めぐり “桔梗清水

桔梗清水はこの水流よりもっと上のガレ場や大木の根元などからこんこんと湧き出し、
一番下では小さな渓流のようになっています。
岩盤から湧き出す湧水というよりは、大昔に山が崩落し沢が岩石で埋め尽くされ、
やがてその岩石の隙間から沢が流れ出した伏流水のような清水です。
この桔梗清水はこの水流の崖下で二岐川に注いでいます。

桔梗清水は『平将門の孫、桔梗の姫の隠し清水』とか
『平将門の側室、桔梗御前が喉を潤した清水』だとか
『源義経の側室の桔梗姫が使用した清水』とか、
伝説が諸説ありますが、真実はいかに・・・・。

2016.03.25     カテゴリー :   清水

涌井の清水の魚影

3_2016032504375332c.jpg

福島県天栄村 涌井の清水の魚影

涌井の清水は森の奥で湧く清水と水底からコンコンと湧き出す湧水が一つになり
泉を形成します。
由緒書きに魚が棲むとありますが私は今まで見たことがありませんでした。
ところが湧水を撮っていたら水底に何やら動く影が・・・
魚です。魚がいました。大きさは4~10cmくらい。
印象的にはオイカワかウグイの幼魚のように見えます。
今まで気付かなかったのか、になり下流の小川から遡上してきたのかは分かりませんが
由緒書きが間違いでないことがようやく確認できました。
これからは通年棲み付いているのか季節的なものなのか確認していきたいと思います。

2016.03.15     カテゴリー :   清水

涌井の清水・淡き春

4_20160315050922057.jpg

福島県天栄村 涌井の清水・淡き

我が家から車で6,7分の谷地にもリュウキンカがありますが(おそらく植えられもの)
まだ咲き始めていません。(※谷地とは関東,東北地方で低湿地のことを指します)
涌井の清水より標高的には100mも低いので暖かいはずですが
おそらく涌井の清水の方は湧水なので真冬でも水温が比較的安定しているからでしょう。

2016.03.14     カテゴリー :   清水

涌井の清水・淡き春

3_201603140532559d0.jpg

福島県天栄村 涌井の清水・淡き

リュウキンカもまだポツポツとしか咲いていませんが
来週にはミズバショウも咲き始め華やかになることでしょう。

2016.03.14     カテゴリー :   清水

涌井の清水・淡き春

続きを読む »

2016.03.13     カテゴリー :   清水

涌井の清水・淡き春

コピー (1) ~ DSC08484

福島県天栄村 涌井の清水・淡き

の訪れをいち早く届けてくれるフキノトウ。

2016.03.13     カテゴリー :   清水

涌井の清水・淡き春

コピー (1) ~ DSC08472

福島県天栄村 涌井の清水・淡き

涌井の清水の水源は水底からのコンコンと湧き出す湧水と
森の奥で湧き出す清水が小川になって流れ込む2つあるので
年中安定した水量を保っています。
私の人生など知れたものですが由緒書きにあるように
どんなに雨不足の年でも涸れた清水を見たことはありません。

2016.03.12     カテゴリー :   清水

涌井の清水・淡き春

コピー (1) ~ DSC08376

福島県天栄村 涌井の清水・淡き

涌井の清水は我が家から車で20分、
リュウキンカの自生地としては一番近くです。
花期の長い花なので4月下旬頃まで楽しめます。
ミズバショウ(水芭蕉/サトイモ科ミズバショウ属)も間もなく咲き出し
本番を迎えます。

2016.03.12     カテゴリー :   清水

涌井の清水・淡き春

コピー (1) ~ DSC08371

福島県天栄村 涌井の清水・淡き

涌井の清水を訪れたのは幻想的な朝狙いでしたが
そろそろリュウキンカ(立金花/キンポウゲ科リュウキンカ属)も咲き出しているかもと期待してでした。
本格的に咲き出すのは3月下旬ですが、毎年3月はじめに気の早い花が少し咲き出すからです。
期待通りわずかですがポツポツと咲き出していました。
一面のリュウキンカも華やかで素敵すが、淡きを届けてくれる一輪の初花はより愛しいです。

2016.03.11     カテゴリー :   清水

涌井の清水・浅春の幻影

コピー (1) ~ DSC08314

福島県天栄村 浅の涌井の清水

国道294号からも近く交通の便はいいのですが知名度が無く訪れる人は稀でいつも貸し切り状態。
本番を迎えればリュウキンカや水芭蕉など山野草が次々に咲き出し
精霊な清水に彩りを添えてくれます。

2016.03.11     カテゴリー :   清水

涌井の清水・浅春の幻影

コピー (1) ~ DSC08285

福島県天栄村 浅の涌井の清水

だいぶ明るくなってきましたがまだ清水の向こうは朝につつまれています。
涌井の清水の由来看板には“魚が生息”とありますが
数え切れないほど来ていますが、魚など一度も見たことがありません(^_^;)。
『水清ければ魚棲まず』の喩え通りです。

2016.03.09     カテゴリー :   清水

涌井の清水・浅春の幻影

コピー (1) ~ DSC08279

福島県天栄村 浅の涌井の清水

久しぶりに地元福島の写真です。
昨日、全国的にの朝となりました。
当地でも天気予報ではだったので雲海狙いで山に行ったのですが、
は部分的だし、東空は厚い雲に覆われているし、早々に雲海はあきらめ
涌井の清水

涌井の清水も一面の濃いではありませんでしたが
淡いの中、わずかに陽が射し始め幻想的な風景を見せてくれました。

2016.03.09     カテゴリー :   清水

涌井の清水・浅春の幻影

コピー (1) ~ DSC08280

福島県天栄村 浅の涌井の清水

涌井の清水とは・・・・・
案内板によると

この清水は、湧水量毎分2,200L、面積約500㎡と言われ、
水底から途切れることなく砂が浮き上がる様子は神秘的で、
日照りで降雨の少ない気候でも水量に変わりなく、魚も生息し、
昔から魚を獲ったり、池をかき回すと洪水となって襲ってくると言い伝えられ、人々から恐れられていました。

また、その昔、成務天皇のころ、この沼に住む大蛇が水を湯の如く熱し人々に害を与えるので、
この池を治めた石背国造初代の建美依米命がこれを憂え、沸湯御前神社を祀り、人々の平和を願ったといわれています。

江戸時代には、この沼が雨乞いの霊地として領主の白河藩主の耳にも入り、
慶安元年(1648年)の大早魃のときに藩主榊原忠次の命により、
また、宝永元年(1704年)の旱魃には藩主松平基知らが領民を救済するために、大祈祷を行わせた記録があります。

2015.11.05     カテゴリー :   清水

静謐の秋 涌井の清水

DSC02147.jpg

福島県天栄村 静謐の 涌井の清水

の会津高原の滝巡りの帰途、天栄村の涌井の清水に立ち寄りました。
元々そう紅葉が素晴らしい場所ではありませんが、ほとんど色付いていません(^_^;)。
でもこれはこれで落ち着いた魅力があります。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR