カテゴリー 《 風景 》   全2ページ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2017.05.25     カテゴリー :   風景

大天狗伝説山麓の芝桜

 福島県天栄村  大天狗伝説麓の芝桜


隣り村(天栄村)の国道294号沿いの田んぼ道で芝桜が盛りでした。(撮影は5/2)

芝桜の向こうに聳える富士型のは妙見(532m)。
この写真には写っていませんが、妙見の右手に国道294号を挟んで、
相似形の明神(548m)があります(写真2番目)。

この位置からだとあまり相似形には見えませんが
2つの山の間の国道294号を走っていると
お椀型の山が並んでいるように見えます。


1_201705250307394d1.jpg

2_20170525030749aae.jpg

3_20170525030745e72.jpg


このお椀をふせて2つ並んだ山には古くからの民話(伝説)があります。

以下、天栄村観光協会HPより

『昔、松本は貧しい山峡の村落であった。それと言うのも土地がやせ、何を作ってもろくに稔らず、
収穫は年々減る一方で、よその土地の半分にも満たず、そこでこの土地に見切りをつけ、
よそに移り住む者さえ続出するようになってきた。困り果てた里人達は思案のすえ、
男神山に祈願をすることに一決。
山峡にそそり立つ、男神山を仰いでは、来る日も来る日も祈願をつづけていた。』

『月日が経ってある日突然、一天にわかにかきくもり、墨を流したような、恐ろしい空模様となった。
底冷えのする風が吹いたかと思うと、どこからか、大きな天狗が男神山にあらわれ、
対山の女神山にまたがり、体をふるわし、いきなり脱糞をはじめた。
里人たちは唖然となり、ただ天狗のしぐさを、あれよあれよと見守るばかりであった。
天狗はいずこともなく煙のように消えて行き、それはほんの一瞬の出来事でもあった。
以来、松本の田畑は豊かな農地と大きく変わり、
したがつて収益も倍増し、他に見られぬ豊かな里になったという。 』


4_20170525030750da9.jpg

5_20170525030751a8b.jpg


  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!



スポンサーサイト

2017.05.02     カテゴリー :   風景

三十三観音磨崖仏

福島県矢吹町   滝八幡三十三観音磨崖仏


野生のユキヤナギを見に行ったついでに
矢吹町の滝八幡三十三観音磨崖仏群にも立ち寄ってきました。
近くの里山で山野草の写真を撮る際よく通りますが
磨崖仏を記事したことはありませんでした。
が、今回は雨に濡れた磨崖仏に水仙がお供えしてあり
いつになく神々しく印象的だったのでシャッターを切ってみました。
『福島四季の風』ではたぶん2度目の(?)石仏です(^_^;)。


mosaic3196c8450a5c77f1e6e29acb8373bb1fee60b8d6_201705020444294ed.jpg

mosaicd25b2d274aed7359916420d36b398617b929cb59_201705020444337ea.jpg

mosaic4966be935f7e6979b594cd5a44c9dc081f9f0460_20170502044435776.jpg


※矢吹町HPより

隈戸川に面し10m余の断崖に、
龕高【がんこう】90cm以内・像高40cmから60cmの仏像が彫刻されている。
尊像は薬師如来【やくしにょらい】1体、阿弥陀如来【あみだにょらい】1体、地蔵菩薩【じぞうぼさつ】1体、
観音菩薩【かんのんぼさつ】(各種)32体尊名不詳2体の合計37体である。
磨崖仏の大きさ、作風から同時期に製作されたものと思われるが、
造立年代は『白河風土記』(文化2年(1805)刊)に記載があることから、それ以前であることは確かである。
像容などから江戸時代中期以後(1750~1800)と考えられている。
崖上には、前九年の役に源義家が凱施のおり、
矢柄で屋根を葺き建立したと伝えられている「八幡神社」の小祠【しょうし】があり、
これが矢葺(矢吹)の地名のゆかりとなっている。


  


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!




2016.09.26     カテゴリー :   風景

朝霧の棚田

4_20160926060000430.jpg

福島県鏡石町  朝霧の棚田

当地の棚田は昔はもっと小さな田んぼでこれよりは棚田らしかったのですが
なだらかな丘陵地帯の棚田だったせいもありホ場整備が進み田んぼ1枚1枚が大型化され
農作業はしやすくなったと思いますが写真的には味気ない景色になってしまいました。

2016.09.05     カテゴリー :   風景

台風9号一過の滝めぐり・中ノ入の蕎麦の道

DSC07434.jpg

福島県郡山市湖南町  台風9号一過の滝めぐり・中ノ入の蕎麦の道

福島県は日本でも有数の蕎麦の産地で、
特に会津地区は写真的にも有名な蕎麦畑のビュースポットがたくさんあり、
下郷町の猿楽台や南会津町の高杖高原が有名で関東方面からもたくさんの写真好きが訪れます。
猪苗代湖に面した郡山市湖南町は行政上は郡山市ですが地理学的には会津に分類され
冷涼な気候が蕎麦の栽培に適している地域です。

中ノ入の蕎麦畑は規模的には猿楽台や高杖高原よりは小さいものの
まったく観光地化されていない蕎麦畑で中通りからわざわざ遠出しなくても
素晴らしい蕎麦畑が楽しめます。

2016.09.05     カテゴリー :   風景

台風9号一過の滝めぐり・中ノ入の蕎麦の道

DSC07448.jpg

福島県郡山市湖南町  台風9号一過の滝めぐり・中ノ入の蕎麦の道

台風9号一過の滝めぐりで最後に訪れたのが郡山市湖南町中ノ入の不動明王滝です。
この滝も普段は水量が少ないガッカリ滝で大雨後にようやく隠れた魅力を見せてくれます。
その不動明王滝へ到る道沿いは今の時期は一面蕎麦の花が咲き誇ります。

2016.04.06     カテゴリー :   風景

菜の花の丘 ①

5_20160406052252c71.jpg

福島県矢吹町 菜のの丘

昨日紹介した“菜のの丘”に遠くの道端からは気づかなかった水仙が
疎らではありますが咲いていました。
おそらく昨年出荷の際に取りこぼした球根や自然増殖したものが咲いたのでしょう。
一昨年(2014年)の芸術的な畝の水仙畑ではありませんが
菜のと同化するような咲きっぷりも、これはこれで楚々として素敵です。
       

2016.04.06     カテゴリー :   風景

菜の花の丘 ②

1_20160406052252a8b.jpg

福島県矢吹町 菜のの丘の水仙

それにしても観光地でもなく、有料でもなく見事な菜の畑ですが
栽培目的がよく分からないでしました。
養蜂箱を数個みたことはありましたが生業にするほどの箱数ではなかったので
ずっと疑問のままだったんすが、
撮影後に菜の畑の近所の農家で“はちみつ”の看板を見かけました。
やはり養蜂用の菜の畑のようです (たぶん)。
何度も撮影でお世話になった菜の畑なので
どんな蜂蜜なのか興味津々、ぜひ味わってみたいです。

2016.04.06     カテゴリー :   風景

菜の花の丘 ③

コピー (1) ~ 5

福島県矢吹町 菜のの丘の水仙
 
ここの水仙は草丈10cmほどの小型スイセン‘テイタテイト’かなと思います。

2016.04.05     カテゴリー :   風景

水仙の丘 ①

2_20160405043305c7f.jpg

福島県矢吹町 水仙の丘 <2014/4>

2年ぶりに隣り町の『菜のの丘』に行ってみました。
ここは隣り町との境で水仙が咲いているのは隣り町で
丘の上にある木の向こう側がすぐ私の町です。

タイトルが『水仙の丘』なのに『菜のの丘』ってどういう事?
実は3年前まではここは間違いなく『菜のの丘』だったんですが
2年前突如『水仙の丘』に大変身。
で、これら『水仙の丘』の写真は2年前(2014年)の写真です。

2016.04.05     カテゴリー :   風景

水仙の丘 ②

コピー (1) ~ 2

福島県矢吹町 水仙の丘 <2014/4>

『菜のの丘』が突如『水仙の丘』に大変身。
その数なんと500000(50万)球。
観光地ではないので、入園料を取るわけでもないし、
観光地に出荷するにしてもが咲いてからでは遅いし・・・
で、昨年もの時期に訪れ道路の傍から眺めてみましたが
以前のような菜のが疎らに咲いているだけで水仙のは見られず、がっかり
やはり球根は出荷してしまったようです。

2016.04.05     カテゴリー :   風景

水仙の丘 ③

3_2016040504325825b.jpg

福島県矢吹町 水仙の丘 <2014/4>

ここは本当に福島?
まるで北海道の美瑛のような美しい水仙の丘。
菜のの丘の時代から美しい丘でしたが、
芸術的な畝の水仙の丘はより見事でした。
観光地ではないので何を植えるかは農家しだいなので仕方ありませんが
いつかまた『水仙の丘』を見たいものです。

2015.11.28     カテゴリー :   風景

福島空港公園内 日本庭園の雪吊り

2_20151128144007ea7.jpg

福島県玉川村

福島空港公園内 日本庭園の雪吊りのライトアップ

昨年始めて開催された福島空港公園雪吊りのライトアップが今年も開催されたので見てきました。
予定していた滝川渓谷後半と吉野平の不動滝や東北最後の紅葉がまだ紹介前ですが
ライトアップは期間限定で今月11/29(日)までなので(17時~20時)
見に行きたい人はギリギリ間に合うと思い急遽記事をUPしました。

夕方5時間前に日本庭園に到着しましたが、すでに雪吊りのライトアップが始っていました。
この日本庭園は我が家から15分ほどで、無料だし(笑)もう数え切れないくらい来園していますが、
いつも見ている日本庭園とは違ったとても幻想的な光景に
自然嗜好派の私も“お上りさん”状態でしばし見惚れてしまいました(^^♪。

歴史は無いけど北陸の某〇〇園にも勝るとも劣らないとても美しい雪吊りです。
もちろん私が行くくらいですから駐車場も庭園も全て無料です。
それなのに、この晩、撮影中の見学者はわずか6名でした(^_^;)。

2015.11.28     カテゴリー :   風景

福島空港公園内 日本庭園の雪吊り

3_2015112814395622f.jpg

福島県玉川村

福島空港公園内 日本庭園の雪吊りのライトアップ

福島空港公園の最寄の駐車場は空港の駐車場ではなく
空港と道を挟んだ向こうにある福島空港公園内の駐車場が便利です。
福島空港ビル前の駐車場からはあぶくま高原道路福島空港インターチェンジ方面に
向かい、最初の信号(十字路)を左折し、80mくらい進むと福島空港公園入り口の
表示があるので左折すると園内に大きな駐車場が3ヶ所あります。

福島空港公園 HP

2015.11.28     カテゴリー :   風景

福島空港公園内 日本庭園の雪吊り

5_20151128143942e47.jpg

福島県玉川村

福島空港公園内 日本庭園の雪吊りのライトアップ

2015.11.28     カテゴリー :   風景

福島空港公園内 日本庭園の雪吊り

7_201511281439215ff.jpg

福島県玉川村

福島空港公園内 日本庭園の雪吊りのライトアップ

福島空港は阿武隈山地を切り開いて造られた空港で標高は372mと
長野の松本空港(657m)に次いで日本で2番目に標高が高い空港ですが
雪はたびたび降るものの積雪はそう多くない地域です。
例年なら多くても20cm程度ですが、昨年東京が2度大雪に見舞われたとき、
我が家も空前絶後の80cmも積もったので、この庭園もかなりの大雪だったと思われます。
その時は雪吊りが大いに役立ったことでしょう。
ちなみにその頃私はタイのリペ島でまったりしていました(^^ゞ。
ま、帰国後が悲惨でしたが・・・・(ーー);。


「キラキラ」 小田和正
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR