全3ページ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2015.03.31     カテゴリー :   山野草

キクザキイチゲ

2_20150331055711e35.jpg

☆キクザキイチゲ(菊咲一華/キンポウゲ科イチリンソウ属)

キクザキイチゲは近畿以北~北海道の落葉樹林下や林縁に自生し草丈は10~20cmほど、花径は3~4cmです。
花ビラに見えるのは「萼片」でキンポウゲ科の特徴です。
一見同じように見えますが自生地によりハナビラの枚数や形、葉の色などが違いので見比べるのも興味深いです。
           
スポンサーサイト

2015.03.31     カテゴリー :   山野草

キクザキイチゲ

1_201503310554459af.jpg

☆キクザキイチゲ(菊咲一華/キンポウゲ科イチリンソウ属)

連日20℃と今年の福島のは例年より暖かくまだ3月なのにまるで初夏のよう。
このはすでににセッカチなキクザキイチゲを紹介しましたが町内の他の何ヶ所かの自生地も花盛りになりました。



2015.03.30     カテゴリー :   山野草

ミスミソウ(雪割草) Ⅲ

6.jpg

ミスミソウ(三角草/キンポウゲ科ミスミソウ属)

ミスミソウは一般的に本州から九州北部の落葉樹林下に自生し福島県ではあまり自生地は多くありませんが部分的に自生しています。
お隣り新潟県ではピンクや青紫など様々な花色が見られますが残念ながら福島県中部の山々で見られるのは殆どが白花で稀に薄紅タイプが見られるだけです。
でも派手に人工交配された豪華な花より控えめで自然な色合いの方が心や安らぐのは私だけでしょうか・・・・

2015.03.30     カテゴリー :   山野草

ミスミソウ(雪割草) Ⅱ

5_201503300531158ea.jpg

ミスミソウ(三角草/キンポウゲ科ミスミソウ属)

一般的にはユキワリソウ(雪割草)の方が通りがいいかもしれませんが
ユキワリソウは園芸上の通称で自生種はミスミソウ(三角草/キンポウゲ科ミスミソウ属)と言います。
自然公園のミスミソウは撮りそこねてしまいましたが我が家の庭のミスミソウが見頃を迎えたのでご覧ください。

2015.03.30     カテゴリー :   山野草

ミスミソウ(雪割草) Ⅰ

1_201503300528395a4.jpg

ミスミソウ(三角草/キンポウゲ科ミスミソウ属)

勢至堂五滝の帰りがけに郡山市郊外奥羽山地麓の自然公園にミスミソウを
見に行ったのですが、雪がうっすら積もっていて残念ながらほとどのミスミソウは花を閉じていました。
通称は雪割草でいかにも雪が好きそうな名前ですが降雪はもとより寒かったり曇っていたりするとあまり花が開きません。

2015.03.29     カテゴリー :   山野草

春蘭 Ⅲ

9.jpg

シュンラン(蘭/ラン科シュンラン属)

園芸種のランの多くはあまり香りはしませんがシュンランは甘く優しい香りがし、桜茶と同じように花を塩漬けし保存し、
いただく時は湯を注いで、ほのかな香りを 楽しみます。
昔から初や門出を祝うおめでたいお茶として利用されてきました。

2015.03.29     カテゴリー :   山野草

春蘭 Ⅱ

2_201503290528217fe.jpg

福島県鏡石町  シュンラン(蘭/ラン科シュンラン属)

玄人好みの渋い色合いですが、花びら(唇弁)の模様や色に個体差があり
珍しい花は愛好家の間で高値で取引されるようです。

2015.03.29     カテゴリー :   山野草

春蘭 Ⅰ

1_201503290523041df.jpg

福島県鏡石町  近くの雑木林でシュンラン(蘭/ラン科シュンラン属)が見頃になりました。
日本を代表する野生蘭で北海道~屋久島まで広く自生します。

2015.03.28     カテゴリー :   

勢至堂五滝 鳴沢の滝

DSC03044_r1.jpg

福島県須賀川市(旧長沼町)

『勢至堂五』で場所が一番わかり辛いのが『鳴沢の』(泣き沢の)です。
馬尾のからだと国道294号を須賀川方面に橋を3つ渡り、4つ目の橋の手前に車を止め、30mほど川沿いに藪漕ぎしなくてはなりません。
夏場は藪に覆われ、真冬はに閉ざされるので初冬か早が一番行きやすいです。
の落差は12mほど、通年あまり水量の多いではありません。

2015.03.28     カテゴリー :   

勢至堂五滝 姫子の滝

DSC02959_r1.jpg

福島県須賀川市(旧長沼町) 

旧・長沼町の伝説によると『姫子の』は、昔、弘法大師がこの地に来て、
岩間を錫杖で突いたところ、噴出したといわれていたり、
このの上に平な原があって、ここにお姫様が住んでいたので、その名が付けられたともいわれるそうです。

『山姫の如何に居るらん勢至堂 岩瀬にさらすの白糸』と詠われたそうな

2015.03.28     カテゴリー :   

勢至堂五滝 大岩の滝

DSC02909.jpg

福島県須賀川市(旧長沼町) 大岩のは国道294を挟んで馬尾のの斜め反対側にあり、落差は12mほどで江花川に落下しています。
江花川はやがて釈迦堂川に合流し、釈迦堂川は阿武隈川に合流し宮城県で太平洋に注ぎます。

2015.03.28     カテゴリー :   

勢至堂五滝 馬尾の滝

DSC02894.jpg

福島県須賀川市(旧長沼町) 馬尾のは国道294のすぐそばにあり、江戸時代に参勤交代の際に会津のお殿様一行もの傍らで休息したと言われています。落差は10mで江花川に流れ落ちます。

2015.03.26     カテゴリー :   

なごり雪の銚子ヶ滝 Ⅲ

DSC02879.jpg

2015.03.26     カテゴリー :   

なごり雪の銚子ヶ滝 Ⅱ

DSC02861.jpg

2015.03.26     カテゴリー :   

なごり雪の銚子ヶ滝 Ⅰ

DSC02869.jpg

福島県須賀川市(旧長沼町) 勢至堂五で最上流にある銚子ヶ。落差は12mほど。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR