全9ページ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2015.10.31     カテゴリー :   

羽鳥湖高原 錦繍の明神滝

DSC01089.jpg

福島県天栄村 羽鳥湖高原 錦繍の明神

明神の名前の由来はの左岸頂上にある直立した大きな一枚岩の傍らには、宗像三神の一つ田心姫命が祭られています。
その御神体は蛇体であるとされ、日照りの時でもこの社に祈ると、必ず雨が降ると言い伝えられ、
いつしか明神と呼ばれるようになったそうです。
田心姫命が明神と言うより、中世頃から神が本来の名前で呼ばれることは少なり、
神様の名前を省略し通称で「明神」や「権現」などと大まかに言うそになったそうで、
天栄村の明神も神のご利益があるという意味で『明神滝』と呼ばれたと思われます。

滝の岩上部の一部が白くなっていますが、へばりついていた草が剥がれてしまったようです。
1週間後に再訪した際は水が馴染んで大分落ち着いた色合いになっていました。
スポンサーサイト

2015.10.31     カテゴリー :   

羽鳥湖高原 錦繍の明神滝

DSC01060.jpg

福島県天栄村 羽鳥湖高原 錦繍の明神

明神は会津布引山に源を持つ黒沢にあるで落差、幅とも8mほどの小ぶりな分岐瀑で、は2筋に分かれ落ち小さいながらも中々優美なです。
橋の上から見下ろせるなので、ご年配の方や障害のある方でも簡単に見られるお手軽滝でもあります。
明神滝は橋の下へ降りて、滝と同じ目線でも見ることができます。
駐車場と道路を挟んだ反対側の橋の欄干手前に獣道程度の踏み後があり、 
辿ると橋の真下に行け、橋の真上から見下ろす滝とはまた違った滝飛沫がかかるほど迫力満点の滝を見ることができます


2015.10.31     カテゴリー :   

羽鳥湖高原 錦繍の明神滝

DSC01181.jpg

福島県天栄村 羽鳥湖高原 錦繍の明神

“罠かけの”を後にし下郷町方面から明神へ向かいます。
明神は国道118号線沿いの岩瀬湯本温泉を通り過ぎ、羽鳥湖近くの大平集落で猪苗代湖方面に向う県道235号羽鳥・福良線( 馬入峠)に入ります。道なりに2kmほど進むと明神の案内板があるので左折します。
さらに道なりに1kmほど行くと橋があり、その橋の右下に明神が見えます。橋手前の路側帯に車4台ぶんくらいの駐車スペースがあります。

 

2015.10.31     カテゴリー :   

会津下郷“罠かけの滝”

DSC00982.jpg

福島県下郷町芦の原 “罠かけの

観音沼&三輪などの紅葉を満喫した後は、下郷町町内を通り国道118号線から我が家方面(中通り)に向かいます。
途中には『塔のへつり』や『会津湯野上温泉』『大内宿』などもありますが、定番の観光地は混雑が予想されるので今回も全てスルーしました(^_^);。
ただ下郷町高陦(たかしま)・芦の原集落の118号線沿いで国道から見える『罠かけの』は道路脇に駐車して撮影しました。

『罠かけの』は落差25mほど、鶴沼川に流れ落ちる段瀑で別名『高陦の』とか『芦の原の』とも呼ばれています。
観音沼からの帰り道なのでいつも撮影していますが、紅葉の見ごろにはやはり少し早かったようです。
それもそのはず、甲子大橋は標高1000m、三輪滝は1150m、観音沼は900mなのに対し、
罠かけの滝は450mほどなのでムベなるかなです。

2015.10.30     カテゴリー :   紅葉

錦織りなす会津下郷 観音沼

DSC00845.jpg

福島県下郷町

錦織りなす会津下郷 観音沼
赤く彩られた紅葉の水鏡の中を(カルガモ?)が泳いでいきます。
動物達にこの美しい紅葉はどう見えているのでしょう・・・。

2015.10.30     カテゴリー :   紅葉

錦織りなす会津下郷 観音沼

DSC00712.jpg

福島県下郷町

錦織りなす会津下郷 観音沼
観音沼森林公園に幾つも遊歩道がありますが、沼の回りを周回するコースならのんびり歩いて約1時間くらいでしょうか。
私のように写真をたくさん撮る人は2時間、セミプロ級に撮られる人は3時間くらい余裕をみたほうが良いと思います。
観音沼下郷町で一番有名な茅葺屋根集落の『大内宿』ほど知名度はありませんが紅葉の名所として写真愛好家に人気があり、
関東周辺から立派なカメラを持ったマニアが大勢いらしてます。

2015.10.30     カテゴリー :   紅葉

錦織りなす会津下郷 観音沼

113372135.jpg

福島県下郷町

錦織りなす会津下郷 観音沼

2015.10.30     カテゴリー :   紅葉

錦織りなす会津下郷 観音沼

113372077.jpg

福島県下郷町

錦織りなす会津下郷 観音沼
観音沼は那須連峰の一つ観音山(1627m)のすそ野(標高900m)にある沼で、沼の中に点在する浮島が特徴です。
沼の傍らには名前の由来となった古刹、嶽観音があり、沼の周辺8ヘクタールは森林自然公園として整備されています。

2015.10.30     カテゴリー :   紅葉

錦織りなす会津下郷 観音沼

DSC00835.jpg

福島県下郷町

錦織りなす会津下郷 観音沼
沼の中に立つ木はハンノキでしょううか。
ハンノキ(榛の木。学名:Alnus japonica/カバノキ科ハンノキ属)は湿地や沼地など一般的な樹木が育ちにくい場所に自生する落葉高木です。
この木は残念ながら美しく紅葉も黄葉もせす落葉します。
もしこのハンノキも紅葉すれば日本の湖沼地帯の紅葉はもっと美しかっただろうと思われます。
でも、世界一美しいと言われる日本の紅葉が水辺のハンノキまで紅葉し今以上に美しかったら世界中から嫉妬されていたかも(笑)

2015.10.30     カテゴリー :   紅葉

錦織りなす会津下郷 観音沼

113372060.jpg

福島県下郷町

錦織りなす会津下郷 観音沼
浮島(うきしま)とは、池沼で水草などの植物の遺骸が積み重なり泥炭化して、水面に浮いているものを言うそうで、
観音沼最大の浮島は潅木が生え半陸地化(湿地化)しているよです。
たくさんある小さい浮島も昨年とほぼ同じような場所にあるので強風が吹いてもあまり移動することは無いのかもしれません。

2015.10.30     カテゴリー :   紅葉

錦織りなす会津下郷 観音沼

113371962.jpg

福島県下郷町

錦織りなす会津下郷 観音沼
沼の向こうの緑の針葉樹の奥に見える屋根が嶽観音堂です。
任運山『嶽観音堂』(だけかんのんどう)は坂上田村麻呂が、人馬の供養の為に創建したと伝えられています。
御堂は明治25年の再建で唐様式の方三間宝形造りで彫刻が見事。
山門は天保13年(1843)建立で左右に彩色された仁王像が祀られています。
観音沼も観音山も歴史からすると、このお堂が由来の命名だと思われます。


2015.10.30     カテゴリー :   紅葉

錦織りなす会津下郷 観音沼

113372026.jpg

福島県下郷町

錦織りなす会津下郷 観音沼

2015.10.30     カテゴリー :   紅葉

錦織りなす会津下郷 観音沼

113371909.jpg

福島県下郷町

錦織りなす会津下郷 観音沼
観音沼は今から約17,000年前頃、山体崩壊でできた窪地にできた沼だそうで
流入する小川はあるのに、流出する川はなく、地下水となって下流に流れているそうです。


2015.10.29     カテゴリー :   紅葉

錦秋の旧・甲子街道 雨沼の森

83_20151029053333d31.jpg

福島県下郷町 錦の旧・甲子(かし)街道 雨沼の森

旧・甲子街道の下郷町側ゲート近くには雨沼という小さな沼があり
その周囲の森は公園でもないのに良く整備下刈りされていて
森が見た目すっきりし、紅葉もとてもキレイです。

2015.10.29     カテゴリー :   紅葉

錦秋の旧・甲子(かし)街道 雨沼の森

82.jpg

福島県下郷町 錦の旧・甲子街道 雨沼の森


「キラキラ」 小田和正
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR