全5ページ
このページのリスト
2016.02.24   カテゴリ:《 海 》
  Dragon Rock at Koh Lek @ Mu Koh Lipe Thai
2016.02.12   カテゴリ:《 海 》
  リペ島に行ってきます。
2016.02.12   カテゴリ:《 夕日、夕焼け 》
  那須連峰と釈迦堂川の夕焼け
2016.02.12   カテゴリ:《 夕日、夕焼け 》
  那須連峰と釈迦堂川の夕焼け
2016.02.11   カテゴリ:《 雪 》
  阿武隈川の雪景色
2016.02.11   カテゴリ:《 雪 》
  福島空港公園・日本庭園の雪景色
2016.02.11   カテゴリ:《 雪 》
  福島空港公園・日本庭園の雪景色
2016.02.11   カテゴリ:《 雪 》
  福島空港公園・日本庭園の雪景色
2016.02.11   カテゴリ:《 雪 》
  福島空港公園・日本庭園の雪景色
2016.02.10   カテゴリ:《 滝 》
  みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝
2016.02.10   カテゴリ:《 滝 》
  みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝
2016.02.10   カテゴリ:《 滝 》
  みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝
2016.02.09   カテゴリ:《 滝 》
  みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝
2016.02.09   カテゴリ:《 滝 》
  みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝
2016.02.09   カテゴリ:《 滝 》
  みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝 ► 次のページへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2016.02.24     カテゴリー :   

Dragon Rock at Koh Lek @ Mu Koh Lipe Thai

コピー (2) ~ DSC04776

☆2/24(水)  Dragon Rock at Koh Lek @ Mu Koh Lipe Thai

今夜タイを発ち明日日本(羽田)に帰国します。
『福島・四季の風』はリペ島旅行の写真整理があるので
しばらくお休みです(^_^;)。

写真はリペ島滞在中アイランドホッピングで訪れたレック島(Koh Lek)のDragon Rock 。
本当は名前があるわけではありませんが、一昨年見つけたお気に入りのビュースポットです。


『福島・四季の風』は山野草が咲き出すまでしばらくお休みですが
『Koh Lipe Club (リペ島倶楽部)』は、随時更新し始めましたので、南の海&島に興味のある方は是非ご覧ください。

HP: Koh Lipe Club (リペ島倶楽部)
スポンサーサイト

2016.02.12     カテゴリー :   

リペ島に行ってきます。

青1


明日から13日間、またタイ最南端のリペ島へ行ってきます。
これで6年連続、我ながらよくもま~あきずにと思います(^^);。
それまでは2年連続(モルディブ・通算6回、滞在島は別)はありますが
タイ自体はもう十数回訪れていますが、さすがに同じ島に6年連続は初めて。

リペ島はプーケットやサムイに比べるとアクセスが悪いこともあり
日本人にはまだまだ馴染みのないリゾート島ですが
リゾート開発が許されたタイ最後の楽園として人気急上昇です。

世界には美しい海&ビーチはたくさんありますが
リペ島の魅力はバランスの良さだと思います。
どれをとっても世界一とは言えませんが
透き通った海、白砂ビーチ、島1周2時間ほどの手頃な大きさ、
離島ながらクリニックや商店街、飲食店など何でも揃いそこそこ充実。
モルディブなどと比べると滞在費、物価の安さもありがたいです。

残念ながら(?)タイなのにネオン街だけはなく、健全すぎるくらい健全な島で
下心ある方には少し禁欲的な島かも(^^ゞ。
まだまだ寒い日本を抜け出し、青い珊瑚礁の海でのんびりできるのは
最高の贅沢、幸せです。
ふだんは飲まないビール片手に波を音を聞きながら
ただただ青い海をぼ~っと眺めリフレッシュし、またこの1年頑張ろうと思います。

『福島・四季の風』はしばらくお休みしますが、
『Koh Lipe Club (リペ島倶楽部)』はできれば現地からその日の様子を更新しようと思います。
興味のある方は是非ご覧ください。

では、行ってきま~す。


『Koh Lipe Club (リペ島倶楽部)』



                                        

2016.02.12     カテゴリー :   夕日、夕焼け

那須連峰と釈迦堂川の夕焼け

DSC04146.jpg

福島県鏡石町 那須連峰と釈迦堂夕焼け

当町郊外の借宿橋から眺める釈迦堂那須連峰の夕焼けを撮ってきました。 
洛陽する位置は年中少しずつずれていきますが
借宿橋から見て那須連峰の主峰である三本槍岳や茶臼岳辺りに夕日が沈むのは晩秋で
そこから左手に位置を変えて至の頃、黒尾谷岳の左辺りで折り返し
再び茶臼岳辺りに沈むのが節分の頃です。

手前のは釈迦堂福島県天栄村鬼面山(1021m)周辺の山々を源流とし、
須賀市で阿武隈に合流し、郡山、福島と北上し
宮城県岩沼市と亘理町の境で太平洋に注ぎます。

場は那須連峰に雪雲がかかりやすく、中々すっきりした夕焼け空が見られませんが
この日は風も穏やかで珍しく茶臼岳の噴煙も真上に立ち上っているのが良く見えました。

2016.02.12     カテゴリー :   夕日、夕焼け

那須連峰と釈迦堂川の夕焼け

DSC04121.jpg

福島県鏡石町 那須連峰と釈迦堂夕焼け

今なお噴煙を上げる茶臼岳(1915m)は栃木県側になりますが
那須連峰の最高峰・三本槍岳(1917m)は福島と栃木の県境の山です。
当町から茶臼岳までは直線距離で35kmで、安達太良山の55km、磐梯山の45kmより
断然近い山なんです。
三本槍岳はどこがピークか分からないような山ですが、これは山の形状からの命名ではなく
江戸時代、白河藩、会津藩、黒羽藩がこの山に3本の槍を立て3藩の藩境を確認しあった故事によります。

2016.02.11     カテゴリー :   

阿武隈川の雪景色

1-.jpg

福島県鏡石町玉川村 阿武隈景色

の滝渓谷シリーズが長引き実際の撮影日とタイムラグが生じてきましたが
1月末の大のときの写真をご覧ください。

南岸低気圧の影響で1/30(土)~1/31(日)にかけて長野~福島の内陸部では
湿った大に見舞われました。
長野では雨氷による倒木などで道路が不通になり多くの孤立地帯が生じましたが、
福島は日中の降り始めこそミゾレ気味だったものの、
雨にはならず夕方には湿になりま朝まで降り続きました。
特に福島県南部は20~30cmの大になりましたが雨氷ではなかったので、
倒木による大きな被害はあまり出ませんでした。

早朝から湿って重たい雪の雪掻きに追われましたが、9時頃にはおおよそ片付いたし、
雪景色が一番キレイなのは積もり終えた直後なので、
老体(?)に鞭打ちながら頑張って撮影に向かいました。
福島空港に向かう途中、当町と隣り村の境を流れる阿武隈の雪景色も
いつになく美しかったので車を路肩に寄せ撮影してみました。

2016.02.11     カテゴリー :   

福島空港公園・日本庭園の雪景色

5_20160211051532673.jpg

福島県玉川村須賀川市  福島空港公園・日本庭園の景色

地帯の人からみれば20~30mのなど可愛いもんかも知れませんが
当地では大だし、なにより湿っただけは願い下げです。
でも愚痴っていてもがなくなるわけではないので
さっさと雪掻きを終わらせ、メゲズに雪景色を撮りに出かけました。
雪景色なら山の方がキレイかも知れませんが、
大雪だと道路状況が心配なので近場で確実に除雪されているであろう
福島空港公園内の、日本庭園に行くことにしました。

福島空港公園への道路は除雪(轍?)されていましたが
公園駐車場そのものはまだ除雪前でした。
わずかに轍があったので駐車はできましたが、その先の公園内の回遊式遊歩道は
全く除雪されていないバージンスノー状態(ーー);。
積雪は25cmくらいあり、日本庭園までズボッ、ズボッと雪を掻き分け進みました。

2016.02.11     カテゴリー :   

福島空港公園・日本庭園の雪景色

8_20160211051531e72.jpg

福島県玉川村須賀川市  福島空港公園・日本庭園・須玉亭からの景色

福島空港は我が家から車で15分くらい。
1993年3月開港なのでまだ比較的新しい空港です。
阿武隈山地を切り開いて造られた空港で標高は372m。
長野の松本空港(657m)に次いで日本で2番目に標高が高い空港です。
空港の周りは敷地にかなり余裕があるので、3ヶ所総面積が330hにも及ぶ自然公園が取り囲んでいます。
空港ビル前の公園だけでも約20haで東京ドーム敷地面積約4.7haの4.2倍の広さがあります。

福島空港を利用するなら空港ビル前の駐車場が便利です。
福島空港公園へは道路向かいなので空港ビル前の駐車場からも行けますが
横断歩道の最寄の駐車場がふさがっていることもあるので空港公園内にある駐車場が便利です。
駐車場&入園料は無料です。福島空港公園

2016.02.11     カテゴリー :   

福島空港公園・日本庭園の雪景色

7_20160211051530300.jpg

福島県玉川村須賀川市  福島空港公園・日本庭園の景色

茶室風の数奇屋造りの建物は『須玉亭』
空港が立地する須賀川市の“須”と玉川村の“玉”から名付けられたのでしょう。
内部はガランとした吹き抜けの構造の休憩室で、テーブルセット、自販機、トイレがあります。

2016.02.11     カテゴリー :   

福島空港公園・日本庭園の雪景色

11_20160211051523619.jpg

福島県玉川村須賀川市  福島空港公園・日本庭園の景色

2014年から12月に期間限定で吊りをライトアップするようになりました。
昨年末のライトアップは11/21~11/29までのわずか9日間。
入園は無料だし、限られた予算で催すので仕方ない面もありますが
とても美しいライトアップが9日間限定とはもったいないですね。
私はライトアップ初日の点灯始めから行ったのですが、
小1時間撮影して観に来ていたのはたった5,6人。
元来、来園数が少ない福島空港公園ですがそれにしても寂しい人出でした。

雪吊りライトアップ

2016.02.10     カテゴリー :   

みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝

8_201602100501574b8.jpg

福島県塙町 みちのく最南端の温泉郷・の湯岐・雷

は上流の2条の主と下流の渓流瀑からなります。
上下合わせて落差は30mほどあります。
昨年、主を望む観瀑台がもう一つでき主の下流の渓流瀑も見下ろせるようになりました。
でも、第2観瀑台は眼下に見下ろす感じで
渓流瀑を合わせて撮る場合は第2観瀑台よりもう少し
斜面を下らないと全体が構図に収まりません。
崖なので撮影には十分気をつけてください。
                 
主滝だけ見ると、どこが“雷”なんだろうと思いますが
渓流瀑を含めた全体を見ると、ギザギザとした稲妻(雷)のように見えます。

2016.02.10     カテゴリー :   

みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝

7_20160210050155421.jpg

福島県塙町 みちのく最南端の温泉郷・の湯岐・雷

渓流瀑の落ち口から主を見た構図です。
渓流瀑がこれだけ離れていると別個のとみなす場合もありますが
は上下で“雷”です。

2016.02.10     カテゴリー :   

みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝

6_20160210050148031.jpg

福島県塙町 みちのく最南端の温泉郷・の湯岐・雷

渓流瀑の落ち口です。

2016.02.09     カテゴリー :   

みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝

5_201602090515524af.jpg

福島県塙町 みちのく最南端の温泉郷・の湯岐・雷

せっかくですからすぐ近くの湯岐温泉(ゆじまたおんせん)を簡単に紹介しましょう。
湯岐温泉の開湯は約500年前の1534年も前だそうで、江戸時代から湯治湯として親しまれてきました。
温泉は36~38℃と微めでアルカリ単純泉です。
効能は神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・
痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進などにいいそうです。
湯岐温泉は3軒ですが、すぐ近くに新湯岐温泉、遊湯ランドはなわ、志保の湯などがあります。

塙町役場HP
http://www.town.hanawa.fukushima.jp/view.rbz?cd=227

2016.02.09     カテゴリー :   

みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝

4_20160209051541e99.jpg

福島県塙町 みちのく最南端の温泉郷・の湯岐・雷

こんどは主の左手の斜面(県道側)に登り、を見下ろすように撮影しました。

2016.02.09     カテゴリー :   

みちのく最南端の温泉郷・氷雪の湯岐・雷滝

2_20160209051553751.jpg

福島県塙町 みちのく最南端の温泉郷・の湯岐・雷

の左手の

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR