にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2017.05.11     カテゴリー :   山野草

双葉葵・薄葉細辛・菫細辛

福島県   双葉葵・薄葉細辛・菫細辛


IMG_7100.jpg

P4230008.jpg

↑  フタバアオイ(双葉葵/ウマノスズクサ科カンアオイ属)

福島県南部の谷筋でフタバアオイが見頃になりました。
フタバアオイ(双葉葵/ウマノスズクサ科カンアオイ属)は主に福島県~九州の
湿り気のある落葉樹林下に自生し地下茎でつながり群生を作ります。
福島が北限なので福島県内では貴重な植物の一つです。
名前のように葵のような葉が1株に2枚あり、葉に隠れるように花を1個咲かせます。
そのままでは花がほとんど見えないので、葉っぱを持ち上げて撮影しました。

芽出しの頃から既に小さな蕾があり、蕾が丸く膨らむと3つに割れ始め
徐々に萼裂片が反り
半日ほどで3つの萼裂片が完全に反り返りお椀型になります。
フタバアオイの葉は京都賀茂神社の葵祭りにも使われたり
徳川家の家紋にも応用されています。
ようするに葵の御紋はデザインとしてはフタバアオイが元祖ですね。


IMG_7864_20170511041134068.jpg

IMG_7862.jpg


↑  ウスバサイシン(薄葉細辛/ウマノスズクサ科カンアオイ属)

隣り村の山あい林床でフタバアオイの仲間のウスバサイシンも見頃を迎えました。
ウスバサイシン(薄葉細辛/ウマノスズクサ科カンアオイ属)は九州~東北に広く分布しますが
関東以西では標高1000m以上に自生するようですが東北は平地でも見られます。

同種のカンアオイ類などと比べ、葉が薄いこと、根の味が辛いことから
薄葉細辛と呼ばれます。
カンアオイ類は常緑ですがウスバサイシンは冬場は葉は枯れます。
ウスバサイシン葉はフタバアオイに似ますが
成熟したフタバアオイの葉は艶があり網状脈がくっきり浮き出ています。
葉は似ますが花は全然違うので見ればすぐ分かります。


IMG_7885.jpg

↑  スミレサイシン(菫細辛/スミレ科スミレ属)

ウスバサイシンの近くではスミレサイシン(菫細辛/スミレ科スミレ属)もたくさん咲いていました。
スミレサイシンは葉がウマノスズクサ科ウスバサイシンに似るので
スミレサイシンと呼ばれ大きなハート型の葉っぱと大きな花が特徴ですすが
根は辛くはありません。
花の頃は葉っぱはさほど大きくありませんが、
花後に赤ちゃんの拳大くらいまで大きく育ちます。
北海道~本州の主に日本海側に自生すると言われていますが
隣り村の自生地は太平洋水系ですがくさん自生しています。        

   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

スポンサーサイト








双葉葵・薄葉細辛・菫細辛ですか。う~~ん、見たことも聞いたこともありません。変わったものがあるようですね。自然教育園にも、勿論ありません。

PS.体調も今ひとつですが、其れよりもPCが大ストライキ決行中で、困り果てています。仕方なく、新鋭機を投入することにしました。i7などの高いスペックなので、暫くはスイスイ行くように期待しているのですが、FC2とか、ブログピープルとか、プロバイダーとか、足を引っ張るのが多くて。
AzTak さん、こんばんは。
植物園で名札があるならともかく
山中でこれらの植物に出会ったとしても
おそらく気付かずに通り過ぎてしまうかも。
それくらい地味です(^_^;)。

PCもお身体もお大事に。
私自身も最近医者通いが多くなってきました。
いよいよ人生の後半戦突入かも(ーー;)。

ryu



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)

最新記事


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR