にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.01.24     カテゴリー :   

閑静氷雪の勢至堂五滝~姫子の滝/鳴沢の滝

福島県須賀川市(旧・長沼町)  閑静の勢至堂五~姫子の・鳴沢の


大岩ののある駐車場から国道294号を30mくらい須賀方面に行くと
橋があり、道が大きく右カーブします。
橋を渡りそのカーブする手前左手が旧街道の痕跡(現在は林状態)で
沿いに10mくらい藪漕ぎすると崖下に江花があり、
その向こうに『姫子の』が見えてきます。


1_20180124042125abc.jpg


↑ 閑静の勢至堂五~姫子の滝  

姫子の滝は直瀑と渓流瀑を合わせると落差は30mほど。
落差も形も秀逸ですが
いかんせん水量がショボです(^_^;)。
写真を撮るなら長雨後がベストです。


2_20180124042130cd9.jpg


↑ 2014年10/14の姫子の滝  

水量が多いときは滝らしい滝になります。


3_20180124042137f49.jpg


↑ 閑静の勢至堂五滝~姫子の滝 

旧・長沼町の伝説によると『姫子の滝』は、昔、弘法大師がこの地に来て、
岩間を錫杖で突いたところ、噴出したといわれていたり、
この滝の上に平な原があって、ここにお姫様が住んでいたので、
その名が付けられたともいわれるそうです。
『山姫の如何に居るらん勢至堂 岩瀬にさらす滝の白糸』と詠われたそうな。


4_2018012404213515d.jpg


↑ 鳴沢の滝の少し上流の江花  

『勢至堂五滝』で一番下流に位置し場所が一番わかり辛いのが『鳴沢の滝』(なき沢の滝)です。
馬尾の滝からだと国道294号を須賀川方面に橋を2つ渡り、3つ目の橋の手前に車を止め、
30mほど川沿いに藪漕ぎしなくてはなりません。
夏場は藪に覆われ、真に閉ざされるので初か早春が一番行きやすいです。


5_20180124042142b05.jpg


↑ 閑静の勢至堂五滝~鳴沢の滝  

西道谷坂橋北側駐車場に車を停め土手を江花川に降り
江花川沿いを10mほど藪漕ぎし渡渉すると
対岸の沢筋に鳴沢の滝が見えてきます。
川岸から滝までは20mくらい距離があるので滝を間近に撮る場合は
再び渡渉しなければなりません。


6_2018012404213105f.jpg


↑ 閑静の勢至堂五滝~鳴沢の滝  

手前の沢は江花川ではなく鳴沢の一部で
滝により近づくのにはこの沢も渡ります。


7_20180124042142540.jpg

8_20180124042143b84.jpg


↑ 閑静雪の勢至堂五滝~鳴沢の滝  

落差は10m、滝幅は4mほど。
この滝も通常の水量はわずかです。


9_20180124042141aa5.jpg


↑ 閑静氷雪の勢至堂五滝~鳴沢の滝  

半分だけ裏見のような状態で見られます。
厳寒期はかなり氷結するのですが
この日は+3℃ほどあったので全く凍結していませんでした。

勢至堂五滝は一つ一つの滝はショボイ滝で
単独ならわざわざ見に行くような滝であありませんが
歴史もあるし5つ合わせてようやく格好がつくかも(^_^;)。
   

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!
スポンサーサイト








姫子の滝は、凄く良い感じの滝です。が、惜しむらくは水量が少なさすぎですね。
まるで、私の頭のてっぺんのようです。と書くと、『姫子の滝の方はそんなに少なくない』とのお叱りを受けそうですが。
AzTak さん、こんばんは。
姫子の滝は勢至堂五滝の一つじゃなかったら
わざわざ行くような滝ですがありませんが
5つセットの滝と思し召しください。
量の多い少ないはコメントを差し控えさせて頂きます。(^_^;)。

ryu



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR