にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.01.30     カテゴリー :   

寒風氷結の山鶏滝渓谷 ①~山鶏滝

 寒風結の山鶏渓谷 ①~山鶏


気温が点下9度まで下がった日(1/12)、結を期待して山鶏へ行ってきました。
今期のは例年より寒く最低気温は点下4度、5度にはなりますが
日(最高気温が0度以下)の日はありませんでした。
水量の少ない渓流なら点下の日が数日続けば結し始めますが
水量の多い渓流は氷点下10度近くまで下がらないと大きくは氷結しません。
さらに日中の気温がプラスだと氷結しても日中解けてしまうのであまり成長しません。
理想的には氷点下5度を下回った真日の日です。

そんな中1/13は最低気温が氷点下9度の予報が出たので
これなら水量の多い山鶏渓谷も凍り始めるだろうと
まだ夜が明けない5時半に我が家を出発しました。
車のフロントガラスはカッチカチ、この分なら程よい氷結が期待できるかも・・・・

※この記事はタイのリペ島で書いて投稿しています。


1_20180130062645d4f.jpg


↑ ☆福島県平田村 山鶏滝渓谷へのルートマップ。※Google Map に加筆。

山鶏滝渓谷へは“あぶくま高原道路”の母畑石インターチェンジor平田西インターチェンジで降り約5,6分です。
または県道42号線(矢吹・小野線)から4分ほどです。

“あぶくま高原道路”は東北道矢吹インターと磐越道小野インターを結ぶ高速道路ですが、
IC~小野IC間は現在無料で利用できます。
というか、東北道と連絡する矢吹町以外の全区間無料です。

“あぶくま高原道路”は首都移転構想があったころ阿武隈高地に首都を誘致しようとしたインフラ整備の一環でしたが、
バブル崩壊ともに首都移転構想も頓挫し、人口の少ない阿武隈高原でやや浮いた存在の道路になってしまいました。
我々は便利なので重宝していますが、正直もったいないくらい立派な道路です(^_^;)。


2_2018013006264827c.jpg


↑ 福島県平田村 山鶏滝渓谷ルートマップ拡大版。※Google Map に加筆。

あぶくま高原道路を利用した場合は、石母畑インターで降り、福島県道42号矢吹小野線に入ります。
インター出口に平田村&母畑方面への標識があるので指示通り直進します。
途中、母畑温泉方面への右折道路をやりすごすと母畑湖(千五沢ダム)が見えてきます。
さらに県道42号を1km直進すると平田村の表示板があり、そこが山鶏滝方面への右折道路です。

右折し道なりに進むと母畑湖に架かる1車線の橋があり、
渡ってさらに道なりに1kmほど行くと左手に山鶏滝への案内板があるので、左折します。
細いながらも舗装道路を500mほど進むと北須に架かる橋にでます。
橋を渡った左手が山鶏滝遊歩道の駐車場で、10台くらい止められ、簡易トイレもあります。

橋の左手(上流)が北須沿いの山鶏滝遊歩道で、入り口には絵図案内板があり、
コンクリートの遊歩道が山鶏滝まで250mほど続いています。


3_2018013006265061f.jpg


↑ 徒歩10分ほどで山鶏滝に到着。
途中の渓谷も氷結し始めていましたが
陽射しが射さない内にメインの山鶏滝を撮ろうと
先に山鶏滝から撮影開始です。
氷点下ー9度の割には残念ながら殆ど凍結していませんね(-"-)。
やはりたった一日では水量のある滝は氷点下ー9度でも凍りきれないようです。


4_20180130062656f73.jpg


↑ 山鶏滝の真正面に架かる、山鶏の滝橋の上から眺める山鶏滝。
遊歩道の入り口から渓谷沿いを250mほど上流に歩いてくると
山鶏の滝橋&山鶏不動堂が見えてきます。
ここまでは多少のUPダウンはあるものの、コンクリート舗装されているので、
車椅子やご年配の方も来られると思います。
(車椅子の場合、サポートが必要かも)


5_20180130062657354.jpg


↑ 山鶏滝は阿武隈山地を源流とする北須にあり、滝幅、落差ともに約8mと大きな滝ではありませんが、
四方から眺められので豊かな表情を見せる優美な滝です。


6_2018013006265806e.jpg


↑ まったく氷結していないようにも見えますが
部分的には少し凍り始めています。
やはりこれだけの水量があるとさすがに一気には凍りません。


7_20180130062659549.jpg


↑ 晩秋の燃ゆる山鶏滝 (2017/11/7撮影)

四季折々美しい表情を見せてくれる山鶏滝ですが
秋は一段と鮮やかかです。


8_20180130062700269.jpg


↑ 到着して間もない時間帯(7時頃)は殆ど凍結していなかった山鶏滝ですが
帰りがけには(10時頃)にはかなり凍り始めていました。
一日の内で一番気温が下がるのは朝6時~7時ごろですが(撮影時)
実際に凍り始めるには時差があります。

  

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!




スポンサーサイト








凍り始めには時間差がありますか。そうなのかもしれませんね。冬至よりも寒さの底が先になるように。
そちらは如何ですか。こちらは寒くて震えてばかりいます。都会暮らしで寒さにはめっきり弱くなりました。
AzTak さん、こんばんは。
この日の朝は氷点下ー9度まで下がりましたが
たった1日ではさすがに凍らないようです。
想像はつきましたが、中々自分の休日とマッチする日がないので、
理想ではありませんでしたやむなしです。

ryu



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR