にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.02.19     カテゴリー :   

みちのく最南端・氷結の滝川渓谷 ④

 福島県矢祭町  みちのく最南端・結の渓谷 ④


1_201802190415082c7.jpg


↑ みちのく最南端・結の渓谷~鋸歯の・最上段  

鋸歯のを望む観瀑台から見たとき、最上段にわずかに見えるです。
鋸歯のをあとにし、次に見えてくる二丁目下の滝の
その下にあるのが鋸歯の滝・最上段ですが残念ながら遊歩道からは全く見えないので、
写真右側の岩場を下りてくる必要があります。


2_20180219041500624.jpg


↑ みちのく最南端・結の滝渓谷~鋸歯の滝・最上段 

写真右側の岩場は命の危険があるほどの崖ではありませんが
わざわざ下りてくる物好きは私くらいなので
Netで画像検索しても私の写真以外は載っていません。
落差は5,6mですがドスンとした重厚な滝です。


3_2018021904151030b.jpg


↑ みちのく最南端・結の滝渓谷~二丁目下の滝  

鋸歯の滝のあと遊歩道をふつに歩いてきて次に見えてくるのが
通称、二丁目下の滝です。
渓谷は数え切れないくらい小滝があるので
名前が付いているのは12,3ヶ所くらいで
他は名無しか通称ばかりです。


4_201802190415075d9.jpg


↑ みちのく最南端・結の滝渓谷~二丁目下の滝  

上記の同じ“二丁目下の滝”ですが見る位置が違うと
同じ滝には見えません。
上記は真横から見下ろすように撮影し
これは真下から見上げるように撮っています。


5_20180219041515d75.jpg


↑ みちのく最南端・結の滝川渓谷~橋下の滝 

二丁目下の滝の次に見えてきたのが“橋下の滝”です。
滝のすぐ上に二丁目の橋が架かっているので
通称“橋下の滝”と呼ばれています。
渓谷に架かる橋は無粋で往々にして風景を台無しにする場合もありますが
滝川渓谷の橋はみな一部木造のシックな色合いの太鼓橋なので
風景に溶け込み違和感をあまり感じません。


6_2018021904151355a.jpg

7_20180219041513e65.jpg


↑ みちのく最南端・氷結の滝川渓谷~橋下の滝  
 
夏場の晴天時に水量が多い時は光芒も見られます。


8_20180219041513811.jpg


↑ みちのく最南端・氷結の滝川渓谷~高母衣の滝

上記の橋(二丁目の橋)の上からは上流に小さな滝
高母衣の滝が見えますが、
見えているのは滝の一番下のわずかな部分だけです。
遊歩道を少し登ると滝全体が俯瞰できます。
S字型に流れ落ちるユニークな形状の滝です。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!
スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR