にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.05.04     カテゴリー :   山野草

スミレ色々

福島県 スミレ色々


スミレはよほどの山野草好きでもなければ主役にはなりきれないかも知れませんが
日本は世界に冠たるスミレ大国なんです。
世界には850種ほどのスミレがあり、そのうち日本には約60種の基本種が自生し、
亜種、変種、まで含めると300種類近くもあるそうです。
スミレは交雑しやすい性質もあり今でも新種が発見されるという面白みもあります。
興味がなければどのスミレも同じように見えるかも知れませんが
ようく見るとそれぞれに個性があり知れば知るほど奥が深いでもあります。

スミレの語源はの距が大工さんが線引き使う墨壺に似ているので
墨入れ⇒スミレになったというのが通説ですが
他に「摘まれる」からの転訛、あるいは染料に用いられる
ところから「染みれ」がスミレに転訛した説などもあります。


↓ ヒナスミレ(雛菫/スミレ科スミレ属)

北海道(南部)本州、四国、九州(中部以北)の
主に太平洋側の山地に自生し西日本では近似種のシハイスイレが多く
ヒナスミレは少ないようです。
落葉樹林の半日陰の林縁や斜面、沢沿などに生育し
私の印象では付きの良い年と悪い年があるような気がします。
名前の通りとても見た目もとても愛らしいスミレです。


1_20180504040250b76.jpg

2_20180504040245e93.jpg


↓ アカネスミレ(茜菫/スミレ科スミレ属)

北海道~四国・九州に分布し
山地の明るい林内や林縁に自生します。
は紅紫色~紫色で側弁に毛生え距は細長く同系色で距や茎にも毛が生えています。
順光で見ると紫色ですが太陽に透かして見ると茜色(赤っぽい色)にも見えます。


3_2018050404024469f.jpg

4_20180504040255b8b.jpg


↓ サクラスミレ(桜菫/スミレ科スミレ属)

北海道東部~九州の水分の多い落葉樹林に自生し、
径は2.5cmにもなる日本最大級のスミレです。
ハナビラの先端が窪んで桜に似ているのでサクラスミレと呼ばれます。
花色は濃い紫なのであまり桜のイメージはしませんが・・・・・(^^);。
誰が言い始めたのは分かりませんがスミレの女王とも。


5_20180504040255424.jpg

6_20180504040250614.jpg


↓ オトメスミレ(乙女菫/スミレ科スミレ属)

北海道~九州の日当たりの良い林縁林床に自生。
花弁が藤色のタチツボスミレの亜種ですがオトメスミレは花弁が白で距が紫です。
(距=花の後の天狗の鼻のように突き出し蜜を溜める部分)
群生の中には藤色を帯び先祖がえりした花も少し見られるます。
距まで白いものは シロバナタチツボスミレ と呼ばれます。
花そのものも乙女チックで可愛いスミレですが
箱根の乙女峠で発見されたのでオトメスミレと名付けられました。


IMG_6545.jpg

IMG_6546.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!
スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR