にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.05.07     カテゴリー :   山野草

ニリンソウの谷

福島県須賀川市(旧・岩瀬村) ニリンソウの谷


終りかけのイワウチワのをなんとか撮れたもののやはり
この日は依然として消化不良です。
ま、こんな日もあるさとイワウチワ撮影後に帰路につこうかなと思ったら
曇りの予報がハズレ薄日が射してきました。
ニリンソウとイワウチワの森はイワウチワの自生地から
車で10分ほどなので、もしかしたら
この薄日でニリンソウが開いてくれるかもと
かすかな期待をもって再び立ち寄ってみました。
そしたらどうでしょう
閉じていたが開いているではないですか!
ろくな収穫が無かったので良かった良かった(^^ゞ。


1_20180507044310e7d.jpg

2_20180507044320477.jpg

3_201805070443163ea.jpg


ニリンソウ(二輪草/キンポウゲ科イチリンソウ属)は日本各地の主に山地の
湿潤な林床や川沿いに自生します。
そう珍しいではありませんがその清楚で気品のある姿はいつ見ても心洗われるです。


4_20180507044322214.jpg

5_2018050704432489a.jpg


咲き始めは1輪咲きで1週間後くらいに2輪目が咲き、
中には3輪咲きもあります。
ビラに見えるのは萼片でキンポウゲ科の特徴の一つです。
当地ではニリンソウを山菜として食べる習慣はあまりありませんが
ニリンソウもトリカブトも自生地が重なり
ニリンソウの葉はトリカブトの若葉と良く似ているので
誤食しないよう要注意です。
この自生地にもニリンソウに混じってトリカブトの若葉がたくさん見られました。


6_20180507044316a7a.jpg

7_20180507044327502.jpg

8_20180507044324a99.jpg


ニリンソウはぱっと見や名前的には仲間のイチリンソウと似ますが
基本的にイチリンソウは1株から一輪、ニリンソウは二輪咲きます。
は似ていても圧倒的に違うのは花の大きさです。
ニリンソウの花径が約2cmほどなのに対し、イチリンソウは4cm近くもあります。
オシベ(約)の色はニリンソウは少し黄ばんだ白でイチリンソウは黄色なので良く目立ちます。
イチリンソウは遠くから見るとラッパスイセンかと思えるほどです。
ニリンソウは当地では山で普通に見られますがイチリンソウはめったに見られません。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!
スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR