FC2ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.05.16     カテゴリー :   山野草

フデリンドウ

福島県鏡石町 フデリンドウ


近くの里山でフデリンドウ(筆竜胆/リンドウ科リンドウ属)が見頃になりました。
リンドウと言うと秋のイメージですがフデリンドウの他にも
ハルリンドウやタテヤマリンドウ、コケリンドウなど
に咲くリンドウもけっこうあります。
でもなぜかに咲くリンドウはみな小型で草丈は4cm~10cm程度です。


1_201805160356380ab.jpg

2_20180516035630efa.jpg

3_201805160356400ea.jpg


に咲くリンドウの中で分布域が広いのがフデリンドウです。
北海道~九州まで広く分布し、里山や林のやや乾いた明るい草地に自生し
草丈は5~7cm、根生葉がなく
1本の茎の先で枝分かれしが咲きます。


4_20180516035639dfc.jpg

5_20180516035641c77.jpg


フデリンドウは越年草(2年草)なので、後こぼれた種が秋に発芽し冬を越し
翌年のに開します。
が終わればその株は枯れてしまうので、持ち帰って植えても咲きません。
フデリンドウの名前の由来は蕾が筆に似るところによりますが
リンドウの蕾はみな筆のような形なんだけどな・・・・・(^^); 


6_20180516035639770.jpg


↑ フデリンドウもハルリンドウも色はライトブルーですが
極く稀に藤色も見られます。


7_20180516035640254.jpg


↑ ☆フデリンドウ(筆竜胆/リンドウ科リンドウ属)
フデリンドウは1株当たりどんなに花が多くても根元は1本で
茎の途中から花が分岐します。



8_20180516035636ad3.jpg


↑ ハルリンドウ(竜胆/リンドウ科リンドウ属)

フデリンドウをハルリンドウと混同しがちですが
ハルリンドウは本州~九州の平地や山あいの
湿地など湿った場所に自生します。
なぜか当地では平地ではあまり見られず
高原の湿地などに自生しています。
草丈7~8cm、根生葉があり茎は根本から枝分かれし花が咲きます。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!
スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR