FC2ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.05.17     カテゴリー :   山野草

イカリソウ

福島県矢吹町 イカリソウ


隣り町郊外の里山でイカリソウ(碇草、錨草 /メギ科 イカリソウ属 )が見頃になりました。
イカリソウは主に北海道~本州の太平洋側の山林に多く自生し
の形が船舶の錨(いかり)に似ているのでイカリソウと呼ばれています。
色は薄いピンクが多数ですが、まれに白もあり
地方によっては黄色もあります。
イカリソウ属は25種ほどがアジアから南ヨーロッパにかけて分布します。


1_201805170341053e6.jpg

2_20180517034109993.jpg


漢方では精力剤として有名です(^^ゞ。

昔、一日に百回も交尾するすごいヤギが山に生息していました。
このヤギはいったい何を食べて、こうも強いのだろうと、
村人が草むらにかくれて遠くからながめていたのです。
すると淫乱なヤギはしきりにある一つの植物の葉を食べており、
その葉は村人たち「カク(カク)」と呼んでいる植物であることがわかり、
それ以後、これを「淫羊カク」と名付けて強壮生薬として用いるようになったといわれています。


3_201805170341057c0.jpg

4_20180517034109a80.jpg


実験的にも大脳を興奮させ、刺激性を敏感にし、
末梢血管を拡張して血流を亢進させ、
特に、陰茎海綿体を充満させる作用があるといわれています。
日本名ではイカリソウといいますが、が船のイカリに似ていることからつけられたのでしょうが、
「イキリ立つ」ということにも引っかけた言葉だともいわれています。
どのイカリソウでも効くのではなく、
中国で古くからこれが良いとして使われているホザキノイカリソウが一番です。
これにはイカリイン、エピメディンCが含まれているのです。

※田辺三菱製薬HPより


5_2018051703411224b.jpg


↑ やや白っぽいタイプ。


6_201805170341127cf.jpg


↑ 赤味の強いタイプ。


7_20180517034111df8.jpg


↑ キナバイカリソウ

会津の山(日本海側)にはが黄色いキナバナイカリソウが自生しますが
中通りや浜通りでは見たことがありません。(写真は会津下郷町で)



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!
スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR