にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.05.28     カテゴリー :   山野草

新緑の立矢川のハシリドコロ&オトメエンゴサク

福島県天栄村羽鳥湖高原 新緑の立矢川のハシリドコロ&オトメエンゴサク


前回紹介した立矢川の滝の上流域は山野草の宝庫です。
今の時期ならハシリドコロやオトメエンゴサクが見頃かなと思い
立ち寄ってみました。  


1_20180528041957994.jpg


↑ ハシリドコロ(走野老/ナス科ハシリドコロ)

狙い通りどころかハシリドコロはやや盛りを過ぎた感じ。
今年のの開が早いのを見越していたのですが
その予想を上回る速さです。
でもまだまだ見頃の群生もありほっとしました(^^);。


2_2018052804195333c.jpg


↑ ハシリドコロは本州~九州の山あいの渓流沿いなどに自生し、
朝鮮アサガオと同じようなアルカロイド系の成分を含む有毒植物です。
誤食すると走りまわって苦しむことが、名前の由来だそうです。


3_20180528041958739.jpg


↑ 野老(ところ)は、古くは「土古呂」、「都古侶」と書き「所領(ところ)」の意味があり、
「所領(ところ)」すなわち領地(りょうち)の安堵を願って野老(ところ)を正月に飾ったそですが、
野郎と書いて(ところ)と読むようになったのかは不明です。


4_20180528041954f32.jpg

5_201805280420021be.jpg


↑ オトメエンゴサク(乙女延胡索/ケシ科キケマン属)

立矢川渓流沿いではオトメエンゴサク(乙女延胡索/ケシ科キケマン属)も咲き始めていました。
オトメエンゴサクは以前は本州に自生するエゾエンゴサクに
分類されていたこともあるそうですが、現在は本州日本海側の多雪地帯に分布する
日本固有種とされます。


6_2018052804195816b.jpg


↑ ぱっと見はヤマエンゴサクとそっくりですが
ヤマエンゴサクの託葉はギザギザの切れ込みがありますが
オトメエンゴサクにはありません。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR