にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.06.25     カテゴリー :   磐梯吾妻

磐梯吾妻 “魔女の瞳の目ざめ ”一切経山登山道編

福島県磐梯町  磐梯吾妻 “魔女の瞳の目ざめ ”一切経登山道編


魔女の瞳(五色)を見るには一切経(1949m)の頂に登らなければなりません。
以前は直登攀ルートも利用できましたが現在は火性有毒ガス回避のため
通行止めになっているので蓬莱の東山腹を抜け酸ヶ平ルートを迂回して登攀します。


1_201806250313393ce.jpg


↑ 酸ヶ平ルートで蓬莱山(1802m)東山腹の最初の雪渓です。
ここは踏み跡があるので跡を辿れば問題ありません。  


2_2018062503133694b.jpg


↑ 蓬莱山(1802m)東山腹の2つ目の雪渓です。
この雪渓のルートが大変悩ましいんです。
基本は蓬莱山と一切経山麓の谷間を登るので
大きな間違いはありませんが雪渓のルートを踏み外すと
雪にズボっと足がはまったり、運が悪いと雪下の小川にはまる羽目に(ーー;)。
写真に記した黄色い線のように、踏み跡がどれなのか判別付きません。
林間ルートだと目印のピンクリボンがありますが
雪渓には無いので慎重な見極めが必要です。 


3_20180625031338dbe.jpg


↑ 雪渓から振り返ると浄土平と吾妻小富士(左/1707m)や桶(右/1600m)が  
眼下になってきました。


4_201806250313458e0.jpg


↑ 蓬莱山の東山腹を登りきると酸ヶ平湿原が広がります。    
正面の山は前大巓(まえだいてん/1911m)
吾妻連峰は2000m近い高山が連なりますが
日本アルプスのような峻険や山は少なく
多くがなだらかな稜線をもつ女性的な山容なのが特徴です。

木道の四角いロータリーのあるポイントが
酸ヶ平の鎌探勝路と一切経山&魔女の瞳への登山道分岐点です。
魔女の瞳が目的地なので木道を右折します。


5_201806250313498a8.jpg


↑ 右折した木道は酸ヶ平湿原を横断します。   
山際に酸ヶ平避難小屋(白丸)も見えています。

木道両脇の植物はクロマメノキ
クロマメノキ(黒豆の木/ツツジ科スノキ)は
アジア、ヨーロッパ、北アメリカにかけた北半球の寒地に広く分布します。
日本では、北海道、本州の中部地方以北に分布し、亜高山帯から高山帯の
岩礫地、砂礫質の草地、湿地などに群落をつくるブルーベリーの仲間です。
名前はブルーベリーと似たような黒い果実を黒豆と見立てたようです。
食用にもなりアサマブドウの別名もあります。  


6_2018062503134935a.jpg


↑ 酸ヶ平避難小屋

酸ヶ平や鎌、一切経山&魔女の瞳を含め
この周辺で唯一の避難小屋(左)と無料公衆トイレ(右)です。
男性はともかく女性は必ず済ませておきましょう(^_^;)。 


7_201806250313494f0.jpg


↑ 酸ヶ平避難小屋先の大雪渓を登りきると酸ヶ平湿原の向こうに
が見えてきます。左手の山は東吾妻山(1975m)


8_201806250313451d2.jpg


↑ さらに高度を稼ぐと鎌が大きく見えてきます。
鎌沼に向こうの山は中吾妻山(1931m)   


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!


スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR