FC2ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.06.26     カテゴリー :   磐梯吾妻

磐梯吾妻 “魔女の瞳の目ざめ “一切経登山道&魔女の瞳編”

福島県福島市 磐梯吾妻 “魔女の瞳の目ざめ “一切経登山道&魔女の瞳編”


1_2018062604502908a.jpg


一切経登山道の直攀ルートと合流しさらに高度を稼ぐと
は角度的にあまり見えなくなってきます。
東吾妻裾野の向こうには磐梯も見えてきました。  
真ん中の台形状のは駕籠稲荷神社(1786m)。   


2_20180626045044fd0.jpg


さらに高度を稼ぐと右手後方には吾妻小富士(1707m)が見えてきます。
この辺りで標高1900mほど。
一切経山山頂はもう少しです。   


3_201806260450407de.jpg



一切経山&魔女の瞳への登山道&一切経山ピーク遠望

道中はずっとこんな火山礫のガレ場が続きます。
何年か前、安達太良山の薬師岳パノラマでハイヒール女子に驚きましたが、
昨年はこの登山道でサンダルおじさんを見ました。
今回は短パンボーイ。
今はお洒落重視の山ガール&山ボーイの短パン+タイツ姿の人をよく見ますが
なんと彼は短パンだけでタイツをはいておらず震えていました(ーー;)。
たしかに下界は汗ばむほど暑かったのですが
山頂近くは強風と寒さで私は急きょフリースの上にカッパまで羽織りました。
短パンだけでは転べば危ないし、寒さも防げないし・・・
自分が良ければいいと思っているのかも知れませんが
万が一怪我でもして歩けなくなれば山岳救助隊が命がけで
救助に当たるわけですから、
安直な行動や服装は厳に謹んでもらいたいものです(ーー;)。  


4_20180626045036164.jpg


一切経山・山頂(1949m)

浄土平駐車場から約1時間30分でよやく一切経山の山頂(1949m)に到着しました。

これが頂標ではなく『空気大感謝塔』とか『万邦平和生存感謝』とか書かれた標柱で、
頂標は直ぐ隣りにあります。
ここが一切経山の名前由来となった塚なのかな?
安倍貞任が仏教教典の一切経を山に埋めたという伝説があります。
(埋めたのは貞任ではなく弘法大師という説も)。   


5_20180626045042a72.jpg


山頂北側から西吾妻山(2,035メートル)、西大巓(1,982メートル)など
吾妻連峰の大パノラマです。
魔女の瞳(五色)はこのガレ場の右手崖下です。

吾妻山は、福島県福島市西部から山形県米沢市南部の天元台にかけて、東西およそ20km
南北およそ10kmにわたって標高2,000m級の火山が連なる山脈です。
福島市外から見て西に吾妻連峰の最東部の吾妻小富士(1,707m)、
東吾妻山(1,975m)、一切経山(1,949m)が聳え。
一切経山と吾妻小富士に囲まれた平坦地が浄土平(1,580m)です。
中央部には東大巓(1,928m)、中吾妻山(1,931m)、最西部には中大巓(1,964m)、
西吾妻山(2,035m)、西大巓(1,982m)などの山々が連なっています。
吾妻連峰は東北の山では数少ない2000mを超える山があるなどかなり高峰ですが、
なだらかな山が多く特徴に乏しくて遠くから個々の山を見極めるのはかなり難しいです。  


6_20180626045049725.jpg


魔女の瞳の目覚め

一切経山・山頂北側の崖っぷちから魔女の瞳を見下ろしてみました。
魔女の瞳の正式名は五色ですが裏磐梯の五色と混同されやすいので
今は“魔女の瞳”と呼ぶ場合が多いです。
直径300mのやや楕円形で水深は10m弱と言われます。
火口湖と言えば蔵王の御釜や草津白根山の湯釜は
同じ青でも白濁していますが魔女の瞳は古い時代の火口湖なので透明な青です。
噴火まもない火口湖は火山性成分が多く溶け出しているので
火山地帯の温泉のように白濁しているのだと思われます。  


7_20180626045044b68.jpg


GW前半はの半分くらいはまだ凍結していたようで
後半にようやくほぼ全が開眼したそうです。  


8_20180626045047f9c.jpg


素晴らしいコバルトブルーでしょ(^^♪。
でもこの写真を撮るために努力したんです。
一切経山登山道の鎌沼が見えていた辺りまでは晴れていたのですが
山頂が近づくに連れて雲が多くなり風がかなり強くなってきました。
さらに寒いし持っていた防寒着を全て着込みました。
それでもキレイな魔女の瞳が撮りたくて
1時間ほど山頂付近をウロチョロしながら晴れるのを待っていた次第です。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!
スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR