FC2ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.07.10     カテゴリー :   

下郷町 罠かけの滝

福島県下郷町 罠かけの


国の天然記念物である中山風穴地特殊植物群落を堪能したあとは
“罠かけの”に立ち寄りました。
このは国道118号から越しに遠望するのが一般的ですが
夏場は青葉が茂り全体が良く見えません。
今回は久しぶりにがんばって原に降り
間近から見上げてみました。


1_2018071003511990b.jpg


↑ 罠かけの ルートマップ。 (※Google Mapに加筆)

中山風穴の花々を堪能し後は定番の大内宿はスルーし、
国道121号から羽鳥湖街道(国道118号)に戻ります。
湯野上温泉から羽鳥湖方面に5kmほど進むと芦の原集落があり、
集落を過ぎた辺りに雪崩予防用の芦の原スノーシェッドがあり、
通り抜けるとすぐ高陦(たかしま)ロックシェッドがあります。
その高陦ロックシェッド出口(羽鳥湖方面)右手の鶴沼越しに見えるのが、
“罠かけの(=高陦の)です。


2_201807100351254b7.jpg


↑ 高陦(たかしま)ロックシェッド   

スノーシェッドとロックシェッド、
見た目はそう違いはありませんが、いったい何が違うのでしょう?(^_^;)。
道路標識では芦の原はスノーシェッド。高陦(たかしま)はロックシェッド。
そりゃあ、方や雪で方や岩石なのはわかるけでど外観構造はほぼ同じに見えます。

ま、それは置いといて、
その高陦ロックシェッド出口から10mほど中(シェッド内)から“罠かけの滝”が遠望できます。
車はロックシェッドを出た直ぐ左側が広めの路側帯なので駐車できます。
ロックシェッド内側に歩道があるので、10mほど戻ります。
一般的にはロックシェッド内から眺めたり、写真を撮るのですが、
滝は越しなので迫力に欠けるのが難点です。


3_201807100351351bc.jpg

4_2018071003514031d.jpg


↑ 罠かけの滝遠望 (ロックシェッド内から)   

高陦ロックシェッド内から望遠で撮影。
でも夏場は緑が鬱蒼として残念ながら滝の全景がよく見えません。
今まで何度も罠かけの滝を見てきましたが
主滝の左手の滝がこんなに水が流れ落ちているのを初めて見ました。


5_20180710035147d3f.jpg


↑ 色付き始めた罠かけの滝 (ロックシェッド内から) 

2014年10月21日に撮影した紅葉しはじめの罠かけの滝です。
夏場よりは少し見通しがいいかも。


6_20180710035143009.jpg

7_201807100351481b4.jpg


↑ 罠かけの滝 ( 鶴沼原から)


高陦ロックシェッド内の撮影場所をいくら変えても滝の上部はほとんど見えないので
意を決して滝のまん前まで行くことにしました。

意を決して?
高陦ロックシェッドのある国道118号線から川原に降りるには
高さ3mの垂直の堤防を降りなければなりません。
さすがに3mもあると飛び降りるのは怖い(危険?)なので
堤防に迫り出した木の枝を命綱代わりにして何とか下りました。
100mほど上流に川原に降りるスロープはありますが
川の中を何度も渡る必要があるので
どちらを選んでも簡単ではありません(ーー;)。

やっとのことで鶴沼川を挟んで罠かけの滝の対岸までやって来ました。
ここまで来れば滝の全景が見えます(^^ゞ。
罠かけの滝は落差20mほどで滝の一番下の滝幅は5mほど。


8_20180710035146fd7.jpg


↑ 罠かけの滝 (( 鶴沼川の川原から)  

向かって右側の滝が罠かけの滝で左側の滝は通常は殆ど流れ落ちていません。
今年は春先から左手にも滝が流れ落ちているのをNet情報で知っていましたが
それは雪解け水なのかなと思っていたので
まさか青葉のこの時期まで流れているとは想定外でした。

今までにも雪解けの頃や大雨の後も立ち寄ったことがあり
チョロチョロ流れてはいても滝になっているのは
初めてみました。


9_20180710035140e07.jpg


↑ 罠かけの滝 (( 鶴沼川の川原から2015/05/26 撮影)  

今回とほぼ同時期に同位置から撮影した罠かけの滝です。
水量は明らかに2015年の方が多いですが
左側の滝はチョロチョロしか流れていません。
これを見ると水量が多いときに出現するとは限らないようです。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR