FC2ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.07.26     カテゴリー :   

緑風渡る初夏の山鶏渓谷 ②

福島県平田村 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 ②


↓ 女は右岸から見る場合も左岸から見る場合も  
基本的には崖から見下ろします。
でもこの写真の矢印のように少し藪漕ぎし
岩場を下りれば
左岸下の岩の上に立つことができます。


1_20180726040637bf2.jpg


↓ 壺側から見上げた女。  


2_20180726040638c71.jpg


↓ 春夏秋冬美しい山鶏渓谷ですが
紅葉の頃はまた格別です。(2017年11/7 撮影)  


3_20180726040649cf8.jpg


↓ 厳寒の山鶏渓谷だって負けてはいません。 2017年1/17撮影  


4_201807260406482c9.jpg


↓ 『咲く東野の清流・初夏の候』でも紹介しましたが   
山鶏渓谷のある平田村は玉村の隣り村なので
ここにも北限のコアジサイがたくさん自生しています。
コアジサイ(小紫陽/アジサイ科アジサイ属)はほとんどの図鑑、資料では
関東以西~九州に分布するとありますが、
福島県でも茨城県境~隣り村の阿武隈山中辺りまで広く自生します。


5_201807260406542eb.jpg


↓ コアジサイの最大の特徴はアジアサイの代名詞でもある装飾が無く
全て小さな両性の集合体です。
小さなの一つ一つを見るとハナビラがあるのも確認できます。
園芸種のアジサイに比べ遠目では少し華やかさに欠けますが
クローズUPで見るととても美しいだと思います。


6_20180726040654dc7.jpg


↓ ヤマアジサイ(山紫陽花/アジサイ科orユキノシタ科アジサイ属)は    
主に福島県以西、本州・四国・九州に分布する落葉低木で
落葉広葉樹林の谷筋など湿度の高い場所に自生しサワアジサイとも呼ばれます。
樹高は1~2m、葉はやや細め小ぶりで対性し園芸種のような光沢はありません。
花期は6月~7月、中心部に多数の細かい両性花を咲かせ
周囲に3~4枚の花弁状の装飾花をもちます。


7_2018072604064482a.jpg


↓ イワガラミ(岩絡/アジサイ科イワガラミ属>

蔓性のイワガラミも咲き始めていました。
イワガラミは名前のとおり、幹や枝から気根を出して高木や岩崖に付着し、
絡みながら這い登り、高さ10~15mくらいになります。
小さなややクリーム色の両性花が集まる花序のまわりに、
白色の装飾花が縁どります。
装飾花は花弁状の萼片が1枚しかなないのが大きな特徴で
よく似るツルアジサイは、装飾花の萼片が4枚で葉の鋸歯が細かいので区別できます。


8_20180726040654cb2.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!

スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR