FC2ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!!

2018.07.27     カテゴリー :   

緑風渡る初夏の山鶏渓谷 ③

福島県平田村 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 ③


1_20180727040859683.jpg

2_20180727040902ca8.jpg


↑ 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 女の落ち口   

名前こそ女ですがけっこう豪快なです。


3_20180727040912fb2.jpg

4_20180727040903646.jpg


↑ 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 男  

の50mほど上流に男があります。
女滝の左岸からは沿いの岩伝いに間近まで行けますが
右岸側からは崖下になるので近くには行けません。
男滝の落差3m、滝幅も3mと
名前ほど雄々しい滝ではないかも(^_^;)。
現代なら、男らしさとか、女らしさを従来の固定観念で決め付けるつけるのはアウトでしょう(ーー;)。


5_20180727040916cda.jpg

6_20180727040916126.jpg


↑ 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 男岩  

男滝の命名は女滝に対する後付けかもしれませんが
男滝の右岸崖上の遊歩道には男性器のような大岩が
遊歩道の上に突き出しています。
もしかしたらその男性器のような大岩があっての
男滝かも知れません。
でも由緒や資料が無いので正確な事は不明です。


7_20180727040911fcb.jpg


↑ 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 アカショウマ

渓谷沿いではアカショウマ(赤升麻/ユキノシタ科チダケサシ属)も見頃でした。
アカショウマは東北南部~九州の林縁や林下に自生し、
がショウマ(升麻)に似て、芽だし頃の茎が赤いので赤升麻と呼ばれます。
葉っぱは基本3回3出葉ですが一様ではありません。
小葉は卵型で先端がとがり、葉縁は重鋸歯です。
よく似たトリアシショウマはアカショウマの変種とされ
特徴はほぼアカショウマと同じですが、
序が細かく枝分かれする個体が多いです。


8_20180727040914e12.jpg


↑ ショウマいろいろ

私の近辺でよく見られる似たものはトリアシショウマやチダケサシですが
トリアシショウマは主に奥羽山地に自生し、アカショウマは里山や阿武隈山地
チダケサシは山あい〜里地のやや湿った場所に自生します。
はアカショウマが6月で、チダケサシ、トリアシショウマは7月頃です。
ヤマブキショウマはバラ科で他のショウマ類より高所で見られ、期は7月です。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
 いいね!!


スポンサーサイト











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
いいね!
  

プロフィール

tgryu

Author:tgryu
福島県をメインに四季折々の自然をご紹介します。(ryu)



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR